これならいけるかな?
 AL作戦の第二海域に進出。何も考えず、すでにAL作戦拘束済みの中から川内を外して那智を投入。妙高を旗艦に、上から山城、足柄、那智、隼鷹、龍驤で艦隊を編成し出撃させてみると、運良く1回目のゲージ削り成功となりました。

丸っこい艦載機

 この海域は制空権争いが厳しく、2マスめの初戦(1マスめは気のせいで通過)とボス戦の両方で優勢どまりでした(軽空母2隻で烈風改1、烈風3)。特に初戦の敵空母が強力で、開幕爆撃、1巡目爆撃、2巡目爆撃の3回で隼鷹が中破、足柄も中破寸前の小破に追いやられてしまいました。今回は本当に運が良く、何度狙われながらも足柄がぎりぎり大破にならず進撃できたのが大きかったです。軽空母の攻撃を捨てて烈風を2追加したほうが良いかもしれません。もっともそれで制空権を確保できるのかはわからないのですが・・・。

 2戦目は夜戦。敵戦艦が2隻も配置され天を仰ぎたくなりますが、全体では4隻しかいません。第一海域の夜戦よりは楽かもしれません。

 3戦目は弱いです。開幕航空戦で敵空母艦載機が消滅するくらい。敵戦艦に撃ち抜かれなければ、というところでしょう。

 ここまで遊んでさすがに気が付きました。AL作戦の海域って沖ノ島沖戦闘哨戒の難易度を上げたものですよねえ。だから唐突に第五戦隊出撃任務を毎月させるよう仕向けていたのかとその真意に納得。その第五戦隊が今大活躍中です。

ゲージ削り1回目

 ボスは高い耐久を誇りますが、随伴艦がやわらかいので第一海域のボスよりは狙いやすくなっているようです。今回は夜戦突入時点でボスと敵重巡洋艦の2隻だけ、妙高が重巡を、山城がボスを撃ち抜いて勝利Sでした。

 とりあえず1回削りに成功したことで先が見えました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.