完成目前でひび割れが
ひび割れ処理中

 ついに超巨大戦艦の胴体部分の黒が塗り終わりました!長かった・・・。これってメカコレを作り始めた中で最初に塗装に着手したものでした。でもなかなか上手くいかなくて、結局一年以上経ってしまいました。黒の塗装は楽というまったく根拠のない思い込みが失敗の原因です。黒は隠ぺい力が思いのほか低いので、下地を整えてからでないと色むらなく綺麗に塗ることは出来ません。そこをよくよく考慮して改めて今回塗装をしなおして、やっと上手くいきました。

 しかしここで思わぬ事態が。もう明日中には完成だというところで、主翼の裏側にひびが入ってしまいました。実は今回改めて塗りなおす際にすでにひび割れが生じていて、経年劣化でパテが縮んだのかもしれないと思い修正したところでした。また同じようなひび割れが生じたことで、経年劣化ではなく、どうやら胴体に押し込む際に主翼をたわませたことが原因らしいと気づかされました。面倒ですがやり直し。主翼裏側の肉抜きスカスカ状態なのをランナー屑とパテで埋めたことで変に手間をかけさせられています。でも見えないところとはいえ、ここを手抜くとあまりに安っぽくなってしまうので仕方ありません。

 まさかの後退ながら、そんなに深刻な問題でもありません。主翼を修正して塗装しなおして、胴体にはめ込んで、あとは砲塔を取り付けてから細かいところをエナメル塗装して終わりです。それで完成。年内の完成には十分間に合いそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.