完成間近で一休み
ジャーマングレー塗り

 エナメル塗料のジャーマングレーを溶剤で溶いて、つやと色味を整えるために全体に塗りました。塗った後にエナメル溶剤でほとんど流してしまいましたが、結構良い感じになりました。特に艦尾のエンジンノズルの赤の上にのったジャーマングレーがスモークのような効果を出して好みの色合いになりました。

 しかし、エナメル塗料を塗りたくっているうちに本体側面のラッカー塗料のグレーが少し剥げてしまいました。ラッカー塗料とはいえ塗膜が薄いところはエナメル溶剤で溶けてしまうのはわかっていましたが、今回剥げてしまったのはそんな問題が起きそうもないところだったので意外でした。まあしかたありません。幸い、本体に使ったグレーはパレットにまだ残りがあるので、剥げてしまったところを含めた部位一面をさーっと塗ってカバーしておきました。剥げたところだけペタペタやると筆あとがそのまま残り汚くなります。こういうのは思い切って広く塗りなおしたほうが綺麗に修正できるようです。

 波動砲の仕切り板(?)も接着し終え、もう間違いなく完成に近いところにあります。が、本体に塗ったエナメル塗料・溶剤が乾きにくいようなので、ここで乾燥に時間を取りたいと思います。すぐ乾くときと乾かないときの違いが未だにわかりません・・・。(デスラー艦とコスモタイガーIIはすぐ乾いた一方、ナスカはひと月経ってもべっちょりしていたとか、まったく同じモノを使っているのに謎です)
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.