あと少しのところでつまづく
 デスラー艦の艦橋窓を塗るのに失敗することはないと記事にしてすぐ失敗しました。はみ出しをエナメル溶剤でぬぐっていたらラッカーの下地が白くなってしまいました。なぜ・・・。艦橋だけ丸々塗り直しです。たいした作業ではありませんけどね。

 デスラー艦の本体下のアンテナは着脱できるようするつもりでしたが、ここにきて接着することにしました。このアンテナを取り付けてしまうと箱にしまえなくなるところ、着脱方式にするのは挿し込み口が浅すぎて難しいこと、着脱できるようにしておくとこのパーツを紛失する可能性があることから、考え直しました。その代わり艦橋側を着脱式にして、本体を逆さにして箱にしまえるようにします。こちらのほうが圧倒的に簡単ですね。最初からそうすればよかったのに。想像力が欠けていました。

 急に気温が上がったためか、塗料がすぐ乾いてしまい塗りにくいです。筆塗りには秋から冬が向いてるみたいです。

 デスラー艦の赤は入れ終わりました。あとは艦橋の窓を上手く塗ることができれば本当に完成です。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.