また同じミスをした
 ナスカの緑色を確認のためにざざっと塗ってみました。まず駆逐艦とほぼ同じ緑色をつくり、それを少し白めにした感じの色だったのですが・・・。黄味が強すぎ。駆逐艦を最初に塗った時の緑も黄味が強すぎだったような気がします。パレット上では好みの色に見えるのでまたまたひっかかったようです。白を混ぜると黄色っぽい緑色になるのがいまだに理解できません。もう少しくすんだ緑色でかつ白っぽくなると良いのですけどね。明るい灰色か水色あたりを混ぜたらいいのかな・・・。難しいです。ただ、塗るのは超巨大戦艦より楽なので、こちらのほうが先に仕上がりそうです。

試し塗り

 甲板の白い面を整えるのに最後の一塗りをしたところ、運悪く筆の毛が一本抜けて塗面にくっついてしまいました。まっすぐ貼り付いていたので乾いてからやすりがけで落としたほうが無難だろうと考え放置しておいたところ、毛は簡単にはがれたものの、毛にまとわりついた溶剤が塗膜を浸食して下地のプラにまで到達していました。毛の形そのままのラインでえぐれてしまっていました。もう最悪です・・・。そこだけ塗料で何度もなぞっても修正できず、仕方がないので周辺一帯の塗膜を溶かして塗りなおしています。微細なホコリならあとから削り落とすのもひとつの手ですが、目に見えて大きいホコリは、たとえ塗面を荒らすことになったとしても、気づいてすぐに除去したほうが良いようです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.