AMDのAppZone使ってみた
 AMDのAppZoneを使ってみました。遊んでみたいゲームをクリックするとAndroid向けアプリをWindows上で動かすソフトBlueStacksが問答無用でインストールされ、その後お目当てのゲームがインストールされます。何がインストールされるのかもわからないまま勝手にインストールが始まるのは、あまりに説明不足だと思います。

 AppZone経由でゲームをインストールする分には何も問題ありませんでした。ゲームはまったく違和感なく遊べました。ただ、マウスクリックがタッチの代わりになるので、マウスひとつでは遊ぶのに無理があるゲームもあるかもしれません。問題はBlueStacks内からゲームをインストールする場合です。まったく接続できません。片っ端からゲームタイトルをクリックしてインストールを試みるも、ことごとく接続できずインストールまでいきませんでした。なにこれ。

 BlueStacksのインストール先が選べない点もどうかと思いましたが、BlueStacksのシステムが上手く機能していないという点で、現状は実用性がかなり低いです。AMD勉強会ではAMDのマーケティング戦略のひとつの目玉のように説明されていたのに、これでAMDを売り込むのは無理でしょう・・・。個人的にはもう使うことはないかも。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.