クラシックテーマでフォント指定問題解決!
 Windows7のタスクバーフォント変更が上手くいかないな・・・と試行錯誤中、ふとクラシックテーマを使ってみると簡単にフォントが指定できるではないですか!なにそれ。そうかぁ、どうやらWindows7ベーシックテーマはレジストリを無視してフォントを使っているのに対し、クラシックテーマは素直にレジストリを参照しているようです。

タスクバー
最も気になっていたタスクバーもこの通り!

コンパネ
コントロールパネル表示はなにもしなくてもフォント変更されてた

 これなら話が早いです。私はXPもクラシックテーマのデザインを使っていましたから、別にWindows7ベーシックテーマに思い入れはありません。フォント表示が綺麗になりさえすればそれで良いので、これを機にクラシックテーマを使うことにしました。これにより、今までの試行錯誤はなんだったのかというくらい隅々までClearTypeオフおよびフォント指定が可能となりました。(注:レジストリ直接編集も含めてですが)

エクスインデックス
Windowsエクスペリエンスインデックス表示もこんな感じに

 しかしWindows7でクラシックテーマを使うとひとつ気になるところが出てきます。画面右下のデスクトップの表示の機能が時計右にアイコンの形で表示されるようになってしまうのです。これが非常に目障りなのですが、さすがにいまさらクラシックテーマを使う人はいないのか、検索してもまったく問題にされていません。しかし唯一コンソールからコマンドを送って非表示にする方法がありましたので、それで対処しました。ツール公開・説明されているサイト上にも説明がありますが、コマンドをバッチファイルにしてスタートアップに入れておけば起動時にアイコンが消えます。ただそれでもアイコンがあったスペースはそのまま残り、XP以前のクラシックテーマとまったく同じにはならないようです(Windows7側の仕様っぽい)。

 気になるほどでもなかったのですが、クラシックテーマにすることでTClockの時計表示の下にアンダーバーが出るようになってしまった、非表示にしていたエクスプローラーのコマンドバーが再び現れてしまった、そういう問題もありました。前者はTClockの設定で"サイズをトレイにあわせる"をオフにして、適当に上下に位置合わせしなおすと見えなくなります。後者はどうにもなりませんが、ベーシックテーマのコマンドバーと違って幅がないので、表示されていても別にいいやという感じです。

 クラシックテーマのタスクバーは無駄な幅がないためフォントとのバランスが良く、ClearTypeもかからないので視認性も高く、これで個人的なフォント変更問題についてはほぼ解決!ということで終わりにしたいと思います。"ほぼ"としたのは、フォントを変更したことにより設定画面のスクロールバーや各種ボタンが画面外に追い出されてしまったソフトがいくつかあり、まったく問題なしというけではないところからそうしました。しかしこの点はフォントを変更する以上は避けられませんので仕方がありません。

 それにしてもひと月かけてこんなオチになるとは・・・。クラシックテーマ、灯台下暗しでした。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.