ファンタジーアース中のフォント変更
 Windows7のフォント変更をしているうちに、ファンタジーアースで使われているMSゴシックも変更できることに気がつきました。ただ、標準アンチエイリアスすらかからないので、MSゴシックで表示させたほうが明らかに見やすいです。

FEZフォント変更
こんな感じでどこもかしこもガクガク

でも指令書は
追記:指令書は標準アンチエイリアスがかかっている(そういう仕様らしい)

 今回のフォント変更はWindowsXPシステムフォント変更について考察されているこちらのサイトの記事をそのまま試した結果です。しかし残念ながら、Windows7上では具体的にどこが変わったというところはわかりませんでした。効果が確認できたのはこのファンタジーアース中だけという・・・。このままもうしばらく使ってみるつもりではありますが、なにも気づくところがなければ元に戻します。

 追記:とりあえずファンタジーアースで変更された部分は戻そうということで、ゲーム中で使われているのはMSゴシックの等幅フォントであることから、"MS ゴシック,128"と"MS Pゴシック,128"の項目を削除してみると元の表示に戻りました。

 Windows7のフォント変更については、いまのところ以前記事にしたFontSubstitutesの"MS UI Gothic"と"Meiryo"指定が非常に効果的で、これで普段目に付く部分のフォント変更は7割対処できたと感じています。残り3割のほとんどはコントロールパネル以下の細かいところなのでどうでもよいと割り切ることができます。しかし、最も目に付くタスクバー上のフォント変更がいまだにできません。ここさえどうにかなればWindows7で使っていくのも嫌ではなくなるのですけどね。タスクバー上のClearType解除方法自体はある(弊害もある)ので、メイリオフォントをメイリオフォントの情報を持ったヒラギノフォントに置き換えれば、もしかしたら問題はすべて解決できるかもしれない、のでしょうか。もうこれしか手がなさそうな気がします。

 行き詰ったついでにIE9の強制ClearTypeが解除できないものか試してみました。検索してみるとそれっぽい解決策が提示されています。しかし・・・、これはClearTypeを無効にするのではなく、フォントのスムージングそのものを無効にするものでした。標準アンチエイリアスもかからなくなってしまいます。これは私の求めるものではありません。惜しい・・・。ま、IE9なんて使わないのでどうでもいいのですが。ただIE9上で強制的にClearTypeがかかるのをどうにかできるのなら、同じく強制的にClearTypeがかかるタイトルバーやタスクバーもどうにかできるのではないかと考えたのです。なお、IE8に戻せば(IE9をアンインストールすれば)普通に設定からClearTypeを無効にできるようです。IE9はなぜこれをなくしたのやら。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.