Radeon勉強会HD7770体験レポート その1
■はじめに

 『AMDのグラフィックカード「Radeonシリーズ」について学ぶブロガー勉強会』に参加して、お土産にRadeon HD7770 GHz Editionを頂きました。この記事はそのHD7770を実際に使ってみての体験レポートとなります。

■HD7XXXシリーズの最新技術はWindowsXPでは使えない

 いきなり不穏な発言をしていますが、今回手にしたHD7770を色々と試した上での私なりの結論です。HD7770は明らかにXP向きではありません。XP用のグラフィックドライバはあるのでXPで使えないわけではないのですが、XP用のOpenCLドライバはなく、ZeroCore Powerも効きません。一般的なベンチマークは一通り動くものの、実ゲームでは動かないものもあります。具体的には、ファンタジーアースゼロなどはタイトル画面が崩れてそこでフリーズしてしまいます(OSは巻き込まれませんが)。以上から、HD7770はXPでもとりあえず動くものの、その最新技術を利用することはできない、そして動かないゲームもあることがわかりました。

・XP向けRadeon用OpenCLドライバはない


 特に、Radeon勉強会でアピールされていたOpenCLが動かないというのは意外でした。DirectX11以降でないと対応できないということなのでしょうか。しかしXPは2014年4月までマイクロソフトのサポート対象にあり、シェアは下落傾向にあるとはいえ未だWindows7と大差ないようです。(例えば、2012年8月調査のデスクトップOSのシェアに関する結果についての記事)

 これだけシェアのあるOSを無視してOpenCLの優位性を唱えられても・・・、というのが正直な感想です。AdobeがPhotoshopでのCUDAサポートをやめ、OpenCLサポートに舵を取ったという勉強会での話も、この事実の前に霞んでしまいました。

・説明不足が誤解を生んでいる

 この件に関しては、このような重大な事実があまり周知されていないのではないか、AMDからの説明が不足しているのではないか、そういった疑問を感じました。私自身実際に使ってみて、あれ?もしかしてXPでは機能しない?とそこで初めて気がついたくらいです。

 今回手にしたSAPPHIRE製HD7770のパッケージにはXPサポートと間違いなく書かれています。しかしAMD公式サイトのRadeon HD 7770 GHz Editionのシステム条件に以下の驚くべき記述があります。

"Windows Vistaもしくは Windows 7 オペレーティング・システムの64ビットOSを推奨。Windows XPはサポートしていません。詳細はこちらをご参照ください。: http://support.amd.com/us/kbarticles/Pages/hd7900seriesxpsupport.aspx"

 さらにリンク先では、2001年リリースのXPは最新機能とは相容れない、Vista以降のWindowsで動くようデザインされている、と説明されています。つまり、パッケージではXPもサポートしていると言い、その一方で公式サイトでは最新技術はXPではサポートしないと言っているわけです。このあたりが大きな誤解を生む原因になっていると思います。XPサポートをうたう最新グラフィックカードを買ってきて、いざ取り付けてみたらその最新技術が使えなかった、これではユーザーも困ってしまうでしょう。勉強会での質問で、Radeonのドライバの出来の悪さについて参加者から指摘されていましたが、こういった誤解から評価が損なわれている面も大きいのではないかと思いました。


 少々辛気臭い内容になってしまいましたが、次の記事では具体的にベンチマークを走らせてみた結果をまとめます。当然ながらHD7770の性能は十分すぎるほどあります。

Radeon勉強会HD7770体験レポート その2
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.