コスモタイガーII塗装中
コスモタイガーII塗装中

 コスモタイガーII、垂直尾翼以外は大まかに塗りあがってます。垂直尾翼は塗膜がぼってりしてきたのでいったん剥がして塗りなおしているところです。

 本体肩の部分の色が良くわからなかったので黒にしてしまいました。劇中では黒だったりグレーが混じったりと判別できません。箱絵ではキャノピーと同じ半透明色っぽいのですが・・・。そもそもここがなんであるのか、それがわからないので適当に塗るしかありません。とりあえずマスキングの隙間からその黒が流れ出してしまったので修正する必要があります。マスキングテープが重なるところにどうしても隙間が出来てしまい、そこからつたってしまうんですよねえ。これを防ぐ手立てを編み出さないといつまでたっても無駄な作業に追われてしまいます。

 オレンジ色は結局赤+黄-白の自作オレンジ色を使いました(さらに蛍光レッドを混ぜました)。ヨドバシ.comで黄橙色を買ってみたのですが、カラーサンプルとあまりに違う色で今回は使えません。橙色というより黄色寄りですねこれ。発送中の扱いが雑なのか、中身は撹拌されまくっていました。一緒にバープルとタミヤアクリルのゴールドリーフも買いました。アクリルのゴールドリーフがネームプレートに合うのではないかと期待しています。顔料だけ欲しいので、しばらく放置して沈殿待ちです。

 オレンジ色の塗り分けは例によって境目の段差が酷いです。写真の機体向かって左側のタンクのオレンジ色にも段差があるのが確認できると思います。マスキングテープの厚み分段差になってしまうのです。最初は綿棒で擦って慣らしてみるも効果薄。以前検索で見かけた、エナメル溶剤で慣らすと良いという情報を試してみると、なるほど若干効果があります。エナメル溶剤でもわずかにラッカーの塗膜を溶かせるみたいです。写真右側にあるミサイルのオレンジ色の段差はこれでほとんど気にならないレベルになりました。しかしタンクのほうは段差が大きすぎて修正しきれませんでした。なおこの方法は塗膜を溶かすことになるので、せっかくびしっと塗り分けたラインが荒れてしまう可能性があります。試すなら修正しやすい部分でしてください。即溶けてしまうことはないのでそんな大事にはなりえませんけどね。

 あとはキャノピー部分だけです。まあここが一番塗り分けが難しいのですが・・・。塗り分けは無視してまず全体を塗って、本体色のグレーで塗り分けをしたほうが楽かも?

 頑張って今月中の完成を目指します。よほどのミスをしなければぎりぎりいけそうな気がします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.