ホコリに悩む
 久々にメカコレ作成記事。記事になってないだけで日頃からぽちぽちと塗り進めているのですが、いまだ一体も塗りあがりません。自分なりの筆塗り方法は確立し、経験を積んだことでそれなりに思うように塗れるようにはなったのですが、塗ってる最中のホコリの混入に悩まされ続けています。これがなければとっくに数体は完成しているでしょう。

 このホコリ、どの段階で混入するのかがまずわかりません。塗料ビン、パレット、薄め液、筆、疑わしいものはすべてチェックしても、塗ってる途中でホコリが紛れ込んできます。このホコリに気づいてすぐ筆先で払うのは塗面を荒らすだけでいいところなし、しかし乾いてから取ろうとしても取れず(一旦塗りあがった塗面にあとからつくようなホコリは取れますが)、仕方がないのでやすりでその部分を削り落とすか、その一角を薄め液でぬぐって修正しています。でもそうするとその部分にどうしても違和感がでるので、全体にやり直しとなって大幅に作業が後退してしまうのです。なんとか解決策が見つかるとよいのですが。

デスラー艦と超巨大戦艦

 今は超巨大戦艦は少し休んでデスラー艦の色を塗っています。超巨大戦艦は両主翼が塗りあがって、その塗りあがりより本体側の塗りが下手だったので本体側のやり直し、というところで本体の接着が一部剥がれてしまいました。色をはがすのに薄め液を使いすぎたからでしょうか。そこでモチベーションが急低下してしまいました。艦首の複雑な形状のところの塗装が難しいというのもありますし、少し時間をおくことにしました。

 デスラー艦は本体を結局GXスージーブルーで塗ることに決め作業していました。しかし問題がおきました。全体に薄くひと塗りして本体の青は完成!というところで、塗っている途中で下のじゅうたんに落としてしまったのです。全体に薄め液で希釈した塗料をまさに今塗っているところで落としてしまったのでさあ大変。塗面はぼろぼろに荒れるわホコリはつくわ・・・これは最初からやり直しです。ということで写真のデスラー艦は色を落としている途中のものです。

 自分のミスですしこれで嫌気が差すことはありませんが、同じことを繰り返さないよう記事にしました。まさかあそこで落とすとは・・・。間抜けすぎ。結構綺麗に塗れてたのに。

 新規の組み立てはまったくしていません。何か作りたいな。でもその前にそろそろひとつくらい完成させたいです。

 そういえば、今月末にこのヤマトメカコレシリーズの再販があるようです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.