三国志絵巻遊んでみた
 三国志絵巻というブラウザゲームをしてみました。副題がドラゴンソウルという、三国志のイメージとはかけ離れたものですが、ゲームとしてはそこそこ遊べる感じになっていました。

基本

 まずは董卓を倒すのが当面の目標のようです。連合軍盟主である袁紹に従って色々こなしてお金や経験値を稼いでいきます。そしてレベル19になると三国のうちいずれかに属することになるらしいです。私は偽呂布を倒したところで止めてしまいましたので、レベル19の先は確認していません。ここからが本当のスタートなのかもしれません。40分くらいでレベル14でした。レベル19到達はそれほど難しくはないでしょう。

 そこまではほとんどチュートリアル同然で、特に序盤は戦闘で負けることはありません。途中から敵に合わせてスキルを指定しないと勝てなくなりますが、これはわざわざそういうふうにしてこのゲームへの理解を助けているのだと思います。工夫されていて好印象です。

戦闘

 三国志を知らない人にはまったく意味がわからない展開ばかりですし、グラフィック、特にキャラデザインはもう少し・・・という感じもします。しかし最近のブラウザゲームの中では割と遊べるほうだと思いました。

関羽

 運営はどこで集金するのかという点ですが、おそらく当然ながら優秀な武将の獲得と、あとは装備の強化などのクールタイム解消等に有料アイテムが必要になるのでしょう。無料のままでもある程度やっていけるなら続けてもいいかなと思わなくもないのですが、まあ無理でしょうね。お金を湯水のごとく投入するユーザーにかもられるだけになりそうです。

Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.