PSP用のネジを買う
 PSP-2000のネジ、星型ネジの片側を舐めてしまったので、普通のプラスネジに交換しました。ネジのサイズがわからないため、PSP修理を請け負っているKSMSという業者さんからネジだけ注文してみました。PSP-2000本体に使われるのと同サイズのネジ(社外製)が一通りセットになっていて250円。送料250円の計500円。どうかなーと思ったのですが、代金振込みの翌日に発送の連絡があり、中1日で届きました。ネジもぴったりでした。これで星型ネジに悩まされなくて済みます。

星型ネジ舐めた
舐めて引っ掛かりがほぼなくなってしまった星型ネジ

 この星型ネジ、舐めてしまった状態になり最初はかなり困りました。だめもとで思いっきりドライバーを押し込んで回していくと、ほとんどが空回りながら、ねじ山が削れながらも少し緩んでくれました。そしてわずかに浮いたところでペンチに持ち替え、ネジ周辺をマスキングテープで保護してからつまんで回していくと、本体に傷を付けることなく綺麗にはずすことができました。今回の作業でドライバーの先端もかなり削れてしまいました。このドライバーはもうお役目御免となりそうです。

普通のプラスネジに交換
普通のプラスネジに交換

 作業中、ケース側面(向かって右側)のツメを引っ掛けるところが根元から折れていることに気が付きました。何度も着脱しているうちに疲労してぽきっといったようです。根元から綺麗に折れていて、ぱっと見折れたところがわかりません。この部分はすぐそば上下の位置がネジで締まるので、もともとツメを止める必要はなかったように思います。実際それで何も問題ありません。

 さらに確認していくと、ケース上の部分のネジを止める部分(今回交換した星型ネジのところ)も欠けていました。片側は半分なくなり、もう片側は1/4なくなっていました。今まで気が付かなかった・・・。ここはツメではなくネジ穴の一部になるところなわけですが、この部分がなくなるとネジ止めしてもケース上部を固定できなくなり、隙間が出てしまうので、完全に折れてしまうと大きな問題となってしまいます。どうしようかな。本体ケースが普通のプラスチックで、プラセメントで溶着できるなら適当なプラ板で裏打ちするのですが。

 ちなみにこれら折れた・欠けた部分はすべて本体内部に隠れる部分なので、外見上ダメージはまったくわかりません。

 PSPはスピーカーの開口部から本体内部にほこりが混入しやすく、それが液晶面に乗ってしまうことも多いので、もう少し手入れしやすい仕様にして欲しかったですね。こんな星型ネジに脆いツメ、どうだったのでしょうか。

 それはともかく、ネジ交換は成功でした。ネジを新しくしただけで本体も綺麗に見えます。これからはプラスドライバー一本で開けられるのでメンテナンスも楽になります。買う前は、たかがネジに500円払うのもったいないけど仕方がない、などと思っていましたが、今は大満足です。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.