デスラー艦を組み立て始めた
 白色彗星帝国軍残りひとつ、デスラー艦を組み立て始めました。デスラー総統率いるガミラス艦隊の旗艦です。もっとも、ズォーダー大帝から借り受けた駆逐艦数隻を従えるだけでしたが・・・。瞬間物質移送機を使って駆逐艦をヤマトそばに送り込み、不意打ちの先制でヤマトの攻撃手段をすべて無効化することに成功したものの、ヤマトのデスラー艦への小ワープ体当たりから白兵戦へ持ち込む作戦の前に、デスラーはまたしても敗北するのでした。デスラー砲を使わなければ白兵戦に持ち込まれてもそのまま駆逐艦がヤマトを沈めてくれたのにね。

デスラー艦組み立て

 とりあえす、本体内部に接着する必要のある台座に手を入れて着脱式にし、まき割り状に分割されている本体を貼り合わせておきました。本体はちょっと太めの万年筆(キャップなし)くらいの大きさです。台座が軽い上に本体の重心が台座の接続部より前にあるので、わずかな力が加わっただけで前にこけやすいです。この台座はデザインミスだと思います。

 パーツはそんなに多くはなく、組み立て難易度はナスカと同等くらいでしょうか。難しいところはまったくありません。ただ本体が円柱状のため、やすりがけで丸みを取らないように注意しなければなりません。あと、本体上のモールドが合わせ目をはさんで大きくずれているので彫り直す必要があるのも面倒そうです。

 とりあえずこのデスラー艦とゴーランドを完成させて塗装に移りたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.