次世代携帯型エンタテインメントシステム
 ソニーの次世代携帯型エンタテインメントシステムは5インチ有機ELディスプレイ搭載、既存PSPの倍角にあたる960x544の解像度、前面背面にタッチパネル搭載というすさまじいスペックのようです。一方でUMDは廃止、メモリースティックも不採用の模様。すごいですねこれ。

 個人的にうれしかったのがPSPgoベースのデザインではなく、普通のPSPぽかったところです。どう見てもPSPgoは使いにくそうなのに、事前情報ではPSPgoベースらしいという雰囲気でしたので、これは意外であると同時に率直によかったと感じました。あと解像度。見事にPSPの倍角ですね。これはつまりPSPソフトとの互換性を考慮した結果なのでしょう。互換性を捨てるわけは無いとは思いながらも、でも480x272の解像度のままでは物足りないからどうするのかなと思っていました。まさか倍角にしてくるとはまったく予想もしていませんでした。PSPの倍角なので、PSPのソフトを使う場合は1ドットを4ドットの集まりで表示する形になると思われます。

 残念だったのがメモリースティックは使えない?ぽいところ。せっかくPSP用のがあるのに・・・。それにメモリースティックってやっとmicroSD並の価格に下がってきたところなのに、また高価なものを別途用意する必要があるのか?と考えると・・・。

 でもこれは相当高くなりそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.