送迎バス代わりには使えるが
 チャリオットは駄目ですね。これが実装されるとしばらくはチャリオットだらけになってまともな戦場はなくなるでしょう。チャリオットはクリスタル20個で召喚可能、つまりひとりでも出せてしまう召喚獣なのです。そりゃ誰だって試しにやってみたいでしょうから、次から次へとチャリオットが生まれるでしょう。そうなるとオベリスク展開がまともに進まなくなってしまいます。こうなると冷静にオベリスク展開している方の余裕の勝ち、両方ともチャリオットに夢中の場合は領域確保が遅々として進まず、ただ歩兵戦してるだけの退屈なゲームになりそうです。それで楽しめる人はバンクェットしてればいいのに。

 結局チャリオットってなにするの?という肝心なところは、死に戻りを前線へ送り出す送迎バス代わり、あと、タックル攻撃が強烈(ふっ飛ばしあり)なのでそれ狙いで運用されているようです。テスターに対する運営・開発のアンケート項目を見る限り、チャリオットによる前線への復帰時間の短縮(それによって前線で戦う時間を伸ばす)と、その機動力による奇襲(いわゆる裏オベに対するタクシーを想定?)を狙ったシステムのようです。しかし、前者については、遠い前線に復帰するのに時間がかかるでないと押されてる側はいつまでたっても押し返せなくなります。それでいいのか?という問題があります。後者についてはテスト期間中にそのような運用はまったくされていませんでしたので、狙いは外れたと言えるでしょう。タックルスキルが強すぎるのかもしれません。

 これどうするのかなあというのが率直な感想です。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.