新召喚獣チャリオットを見てきた
 新召喚獣チャリオット試してきました。しかしクライアントが強制終了する不具合に泣かされて26日のテストは早々に終了。時間がなくてスナップショットは一枚も撮れませんでした。これから動画撮ろう!としたらテストが終わってました。それでこのチャリオットですが、まったくの意味不明です。なにをさせたくてこんな召喚獣を追加しようと考えたのか・・・。

 自分で召喚する時間はありませんでした。でも誰かのチャリオットに乗ることはすぐできました。チャリオットが一定の距離に入ると乗るかどうかのボタンが出るので、それを押せば乗れるようです。パーティ参加のボタンと同じです。乗っている間は召喚した人の操作に任せたまま移動することになります。視点は一人称で、視線は自由に動かすことができました。乗車中はイーグルショットのようなスキルが使えるので、それでぺちぺちと攻撃するのでしょうか。威力はまったくなさそうでした。チャリオットから降りたければいつでも降りることができます。同じようにボタンを押すだけです。

 チャリオットの操作は難しい難しいと戦場のいたるところで言われていました。どう難しいのかはわかりません。ただ、はたからチャリオットの動きを見ていると、確かに狙い通り動かせている人が少ないのか、みんなふらふらしていました。謎です。あと、動きがスムーズでないチャリオットが多かったです。操作の問題ではなく、なんだかカクカクしているのです。PCの性能が低くてまともに動かないということなのでしょうか。そのあたりもよくわかりませんでした。

 テストということでまともな戦場はなく、途中参加した3戦すべてが1ゲージ差という状態。普段どおりの動きの中でチャリオットがどう活躍できるのか、そこははっきりしませんでした。でもこの召喚獣は不要だと感じました。かつて、フェンサーもセスタスも不要だと感じました。それとまったく同じ印象です。1つの戦場に参加できるのはたったの50人。これ以上複雑にする必要はありません。もし新たな要素を追加したいなら、それはマップ単位で行えばよかったと思うのです。例えば現在の8x8マスからさらにマップを広くして、その代わりそのマップに限り移動手段も追加して、それでチャリオットを実装するというのなら悪くないかもしれません。そうはしないでもともとのゲームバランスを崩してまで新たな要素を追加する意味があるのか、非常に疑問です。

 このまま実装されることはないと信じたいのですが、パンヤがコントロール制限を緩和して1W250y前後を前提としたゲームバランスを1W260y当たり前にしてしまって、パワーインフレにより既存のすべてのコースが陳腐化してしまったときと同じような、ファンタジーアースというゲームが終わりに近づいている感じがしました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.