ボスそのものは強くなかった
 不具合なのか、槍の大攻撃(△ボタン)でとんでもないヒットが出ることがあることに気がつきました。通常の大攻撃よりタメが長く、突撃距離も長くなります。大ダメージを与えることができ、しかもオーラが貯まります。ここまでは良いこと尽くめなのですが、突撃距離が長くなりすぎるのがいけないのか、勢い余ってフィールドの外(?)に飛び出してしまい、操作不能になることがありました。タイトルにも戻れず、PSボタンを押して強制終了するしかなくなります。もしかしてジャンプとのコンボ攻撃なのかな・・・。(追記:超射程から槍の大攻撃を撃つと、とんでもないヒットになるようです。ボスとの間に障害物を挟まないように位置取りして狙えば出せます。これ強すぎ。そっかこれか・・・。不具合はこれとは別の問題のようです)

異様にステージセレクトしにくい終焉の断層

 さて、マリシアス最終ステージについてです。5つのステージをクリアすると終焉の断層というステージを選ぶことができるようになります。ステージセレクトしにくくてまいりますが、少し見下ろす視点で"わっか"を見つければ選択できます(これは他のステージを選択するときでも同じです)。


■最終ステージ:終焉の断層 ラスボスがどどーんと真正面にいますが、そのままではダメージを与えることができません。私は会話で説明があったのを見落としたのか、最初は倒し方がわかりませんでした。ステージセレクト画面のところにいるおじいさんからどうすればよいのか話を聞けるようになっています。確認してみてください。

一見強そう

 手順はこうです。まずボスの周りにいくつかの灰色の球体が浮いているのがわかると思います。これを作動させます。灰色の球体の上に乗っかって、その中心部をオーラ解放で攻撃するだけ。これをすべての灰色の球体に対して行います。するとボスの体にくっついている白い球体を破壊できるようになります。これをすべて破壊して、あとはボスの顔を叩きまくるだけ。はっきり言ってボスそのものを倒すのは難しくありません。灰色の球体をすべて作動させるほうが難しいです。

 球体を作動させるにはオーラが必要です。ボスのそばにいけばミジンコが大量にまとわりついてくるので、それをチェインで倒してちまちま稼ぐか、それでなければ球体の周りをうろうろしているとボスがビームを撃ってくるので、これをジャストガードして一気に稼ぐか、手段を問わず適当にオーラを貯めます。

オレンジ色に輝けばOK

 球体ひとつ作動させるのに500もあれば十分です。球体は足場になるので落ち着いて作業しましょう。作動させるには球体の中心にオーラ解放(L1押しながら×ボタン)一発攻撃するだけで足ります(中心ぴったりなら攻撃しなくてもオーラ解放だけでよいみたいです)。すると球体がオレンジ色に輝きます。これをすべての球体に行うわけです。作業そのものは難しくありません。しかしこの間ボスが色々攻撃してくるのがやっかいで、なかなか次の球体へたどり着けないようになっています。

 何かきそうだなと感じたらすぐガード、カウンター表示も割と頻繁に入るので、落ち着いて△○ボタン同時押しでカウンター攻撃してください。球体をすべて作動させていない場合、カウンター攻撃をしてもダメージは与えられませんが、単にガードするより安全です。

 頑張ってすべての球体をオレンジ色にしたら、その時点でボスは倒したも同然です。ボスの表面の白い球体をひとつずつ破壊してまわり(球体ごとにHP表示あり)、すべて破壊したらボスの顔をタコ殴りします。オーラが大量に貯まっていれば、最大解放攻撃でさほど時間もかからず沈めることができるでしょう。この段階のボスは顔から赤い球を飛ばしてくるので、これはきちんとガードで受け流してください。

 最終ステージクリアのコツは、いかにすばやくすべての球体を作動させるか、そこに尽きます。作業中にボスが撃ち出してくるビームは絶対にガードしてください。黒い大きなビーム(球?)はガードしないと即死です。あ、なにかくる!?程度を感じる時間はあるので、ガードできないものではありません。


 一通りクリアしてみて、アクションゲームとしてはボスとの駆け引きがほとんどなく、ただ一方的に攻撃を繰り出しているだけの内容なんだなーと感じました。ボスらしいボスって図書館の犬くらいですよね。女王は地味すぎ、空中戦艦の騎士は飛び回るようになってからは魔弾撃つだけになってしまいますし。残りのボスはラスボス含めてただ硬いだけ。これでは・・・。例えば、ボスに対して挑発をかけるとこちらに向けて的確に大攻撃を乱発してくる、その代わりカウンターが狙いやすくなる、そんなギミックが仕込まれていてもよかったかもしれません。飽きさせないための演出を兼ねて。とにかく現状ではボスとこちらの動きがかみ合っておらず、ボス戦だけを楽しんでもらうというこのゲームの本質から外れてしまっていると思うのです。この根本的な問題を開発中誰も指摘しなかったのか、わかっていながらあえて単調にしたのか、真意はわかりません。どちらにせよ、ここまで作っておきながら詰めが甘いと思いました。値段は関係ありません。

 あと、メニュー操作になぜかアナログスティックが使えないのと、ステージセレクトしにくいのはどうにかして欲しかったです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.