いろいろ遊んでみた
 PS3の体験版がたまっていたのでいくつか試してみました。


 まずソニック ザ ヘッジホッグ。ソニックを繰ってゴールを目指す、タイムアタック要素のあるアクションゲームです。ソニックという名の割りにスピード感は低く、正直今ひとつです。何度か試してスタートからゴールまでミスなく走り抜けられるようになってもその感想は変わりませんでした。遊んでいるうちにPSPのロコロコを思い出しました。ロコロコのほうが後発のゲームですけど、ロコロコのほうが緩急が上手くつけられていて楽しいと思います。

 この体験版は1ステージだけ遊べます。繰り返し何度でも遊べます。気に入ればダウンロードして購入できます。


 次はドラゴンボール レイジングブラスト2。初見ではあまりの酷さに言葉もありませんでした。開幕時にキャラがしゃべるのですが、口の動きがまったくあっていません。文字通り口ぱく状態。また、戦闘中にダメージを受けると"はあっ"とか"ぐはっ"といった言葉があまりにワンパターンすぎて、連続攻撃を受けた際の間抜けようといったら・・・。。一番ダメだなと感じたのは画質です。解像度が低いのかどうかまではわかりませんでしたが、とにかく荒いです。なんというか、全体に大味すぎですね。製品版ではキャラが100人も登場するようなので、そのあたりも影響してそうです。でももう少し丁寧に作らないと。

 遊んでいるうちに少し良いところも見つけました。擬似3D空間で戦っている感じは良く出ています。カメラの追随も上手く、上下左右に激しく動いても相手を見失うことはありませんでした。これなら誰でも遊べると思います。あと、もともと漫画のキャラクターをここまで上手に3Dに起こしているのはすごいです。

 体験版で使えるのは悟空・悟飯・魔人ブー・ダーブラの4人。1対戦するとタイトルに戻ります。何度でも遊べます。


 3本目はテイルズ オブ グレイセスF。ストートするとオートデモが始まり、そのあと森の中に投げ出されてうろうろ。ボスっぽい敵を倒して終了となります。うーん、ヴェスペリアのほうがキャラの出来、動きがよかったかも・・・。グレイセスFのほうは敵から攻撃を食らったときの挙動がかなり軽く、間抜けな感じです。この体験版からはそれ以上の感想は持てませんでした。

 最後はTRINITY Zill O'll Zero(トリニティジルオールゼロ)。今回遊んだ中では一番楽しかったです。3人のキャラが連れ立って、うぉりゃーと敵に殴りかかっていくゲームとでも言えばよいのでしょうか。難易度はかなり低くさくさく進めました。操作できるのは1人で、あとの2人はオートで戦ってくれます。操作するキャラは好きなタイミングで変更できるので、今操作しているキャラで必殺技をだしたら間髪いれずキャラを変えてそのキャラでも必殺技を出す、なんてこともできるようです。体験版としての出来も非常に良く、キャラの操作や戦い方のコツをわかりやすく理解できるような構成になっています。これには感心しました。

 気になったのはキャラクターデザインです。これって日本のゲームなのかな?と疑問に思えるほど欧米寄り。どう考えても日本と他の国とでは好みが違うので、日本市場で売るならやはり日本向けにアレンジするべきだったのでは、と思います。悪いわけでもないのですが、この体験版で使えるアレウスなんて華がなさすぎ。プレーヤーキャラでこれ?

 でも安く売ってたらこのゲーム欲しいかも。

 下2本の画面の写真はありません。撮影したのですが、ぶれぶれでろくなものがなかったからです。どんなゲームかはリンク先で確認してください。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.