賞品はAPOLLISH VEGASが6個!
 dododay自作PC腕自慢コンテスト・ENERMAX装飾職人賞の賞品が届きました。APOLLISH VEGAS(アポリッシュベガス)のシルバーモデル、UCAPV12A-Sが6個セットでした。このファン、1個3000円くらいするので、これだけで18000円します。すごい。コンテスト開始当初、この機会にファンを貰いたいと記事にした記憶がありますけど、その通りになってとても満足です。

賞品は6個セット

 1年前に行われたconco.netのアポリッシュライトキャンペーン(私、選ばれました)では私は第一希望にシルバーモデルを挙げていました。その時は第二希望のブルーモデルとなってしまいましたが、今回、偶然にもシルバーモデルが届いてびっくりしました。まさか今頃になって希望のものが届くとは・・・。シルバーの輝きがどのようなものか、ただの白色LEDのはずなのに本当に銀色に輝くのだろかとその目で見てみたかったのです。

普通に白色ビーム

 そして実際見てみると普通に白色でした。ま、そりゃそうですよね・・・。いくらフレームやブレードがシルバーだからといって、光り輝くのはLEDの光なのですから、白色のままなのは当たり前です。でもちょっとがっくり。とはいえこのベガス、輝きは非常に強いです。1個しか使っていないのにケース内が蛍光灯で照らされたような感じになります。これ6個使ったらどうなるのか興味津々。

 しかし6個使うには問題もあります。このファン、ペリフェラル4ピン変換コネクタが付属していません。私が使っているマザーボードのファン用コネクタは3つしかありません。そのままでは足りません。変換コネクタ、おまけで付けておいて欲しかったです。

ケーブルはメッシュでまとめられている

ファンコンは着脱可能だがかなり大きい

 付属のファンコンはかなり大きくかさばります。6個ひとつひとつにファンコンをつけるとその置き場に困りそうです。ファンコンを使わない場合、LEDの輝度は最大(追記:ファンコンで点灯パターンを指定すると、以後ファンコンなしでもその指定したパターンで光る)、ファンの回転速度は2000rpmで固定されます。2000rpmの割りに静かでした。

夜叉に装着してみた

 とりあえず、水平に設置している夜叉のファンと交換してみました。撮影することを考えなかったので、このすぐ上が電源ユニット置き場の敷居になっていて、上手く写真に収めることが出来ませんでした。まぬけすぎ。

 後日、6個すべて設置した状態で改めてレビューするつもりです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.