WhiteWiz Hole4/Par5

 グリーンが氷上の小島にあり、その手前の氷が大きく割れているために、正面から転がして寄せることができなくなっています。

 ティーショット時にフェアウェイ中央のバンカーが微妙な位置にありますが、1W246y打点下ショットなら向い風9mでもバンカーを越えます。気になるなら無理せずバンカーの左を狙います。

 問題はアプローチ。ぴったり寄せたい場合はは2打目でトマホークを打ちます。トマホークをミスると高い確率で池に落ちるので、神経安定剤を使ってでも確実に。

 とりあえずグリーンにのせて後はパット勝負でよければ20y弱めのショットでグリーン左側を狙います。氷上の割れ目が左へのびているので、意識してグリーン左を狙うようにします。カップがグリーン右にある場合は20y程度のロングパット、ラインも簡単とは言いがたいものが残ってしまうので、カップが左にある場合にのみこのルートをとるのが確実です。運が悪いとグリーン囲む石垣に跳ね返されます。

 オーバードライブを稼ぎたい場合は、風にもよりますが、左側のカートに打ち込みます。3Wでカート上に狙いをあわせ、1Wトップスピンで上手く跳ねさせればカート右のラフ地帯までいきます。ここからグリーンを(20y弱く)狙うと氷の割れ目が視界に入らないので安全に寄せることができます。確実にカートに当てないと距離が残り、カートに当たらずに左にそれるとOBもありうるというリスクがありますが、このルートも悪くない選択です。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.