勝ち方がわかってれば勝てる
 ブローデン古戦場跡の防衛戦。相手に部隊がまとまっていたのか防衛側の集まりが悪くて、援軍という形で参加できました。相手はB3キープという非常にアグレッシブな位置取り。防衛キャッスルはF3なわけですから、中央を制圧されるとなにもできなくなり攻撃側の完封勝ち。

 相手はこちらをなめきってて、領域をたいして確保せずキル勝ちで押し切りたい感じでした。こちらは領域で勝っているもののキル負けが酷くてゲージは負けていました。それでも中央を封鎖されるまでにはいたらず、東から降下してきた部隊も早々に対処して殲滅、僅差でどちらが勝つのかわからないまま最終版に突入。

 E3がけ下すぐのところにエクリプス、E2のくぼみにオベリスクがあったので自分ひとりでジャイアントで降下して両方とも破壊(直後に死にました)。アラート2だったのでここで少し差がつきました。さすがに相手も領域負けが不味いと思ったのか、E2はすぐに建て直していました。わたしはこれを見逃さず、ジャイ2で降下して速攻で折ろう!と呼びかけると護衛のスカウトとナイト、本命のジャイ3が揃い、中央での戦いを横目にE2とC3のオベリスクを破壊。C3は相手側一本目のオベリスクでアラート3状態、これで勝負がつきました。E2だけ折れれば十分と思っていたところ、ジャイ3だったのでC3まで折れてしまいました。よく、ジャイ3は出し過ぎだと言う人もいますが、ここぞというときは出せるだけ出さないとダメですね。

 歩兵の差で敗戦濃厚な事前予想を覆し、見事勝利をもぎ取れて嬉しかったです。こういう戦いが出来るとまだまだ楽しいゲームです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.