取付簡単!地デジチューナー
アフィリエイトならリンクシェア

 リンクシェア・ジャパン5周年記念、2010年チャレンジレビュー、地デジが観られるリビングPCを作る!第4回目。ついにPCは完成。地デジチューナーも取り付けて地デジが観られるところまでのレビューです。思いのほか順調に進みました。
 前回の時点でハードウェア上の問題なく組みあがっていたので、そこに今まで使っていたハードディスクを繋ぎました。OSはWindowsXP SP3が入っている状態です。初めて起動する際にハードディスクが認識されなくて焦りましたが、BIOSからBoot Device Priorityを確認すると1st Boot DeviceがなぜかDisableになっていたのでこれを修正。再起動すると問題なくWindowsXPが立ち上がりました。

 しかしそのままではまともに使えません。認証をしなおす必要がありますし、今までとはCPUもマザーボードも違うので、基本的なドライバをインストールしなければなりせん。ドライバはTH55XEに付属しているCD内のSetup.exeからインストーラーを立ち上げるとすべてやってくれます。便利です。
 新しく組んだPCとしてはこれで完成です。しかし今回のテーマは地デジを観るところにあるので、ここからが本当の本番です。
 地デジチューナーKTV-FSUSB2の組み立て。と言ってもB-CASカードとアンテナケーブルを挿してPCとUSB接続するだけです。付属のUSBケーブルは非常に短く、おまけのような粗末なものなので、地デジチューナーの配置を考える場合は別途用意しないとどうにもならないと思います。背面にぶら下げておくだけならこれでも十分でしょう。
 地デジチューナーを繋ぐとDigiBest USB adapterという機器として認識されます。ドライバのインストールを求められるので、付属の8cmCDからインストールしましょう。CD内のDriverInstallフォルダを指定するだけです。インストールはあっさり終了。デバイスマネージャからドライバが正常に動作していることも確認しておきます。

 次に視聴用のソフトをインストールします。これも8cmCDにあります。APInstallフォルダ内のsetup.exeをダブルクリックするとDigiBestTVというソフトがインストールされます。ここまでの作業はすぐ終わると思います。
 デスクトップにアイコンが表示されるのでここからDigiBestTVを起動するとこのような画面になります。ここで、地デジのチャンネル設定をするのにスキャンしなければなりません。だいたい5分くらいでしょうか。しばらく待っていると完了しました。この直後から地デジが観られるようになりました。こんな簡単に観られるのかと思ってしまうほどあっけないほど上手くいきました。
 DigiBestTVでは1セグサイズ、メニューを省いた少しだけ大き目のサイズ、画面一杯のフルサイズの3サイズで視聴可能です。任意のサイズには出来ないようです。電子番組ガイドも受信出来ますが、チャンネル単位の表示で、上限は100番組までのようです。番組録画予約はそのガイドに表示された番組を選択することで行います。チャンネル・日時を手動で設定して録画することも出来ます。ただ、任意のドラマを毎週録画する、といったような一括予約は出来ません。また、予約録画はPCが起動している際にしか効きません。PCの電源を落としている状態から自動で起動・録画開始、とはなりません。PCで作業しながら、そのPC上でながら観をする、そういう使い方に向いているソフトです。

・1セグサイズで表示 かなり狭苦しい (以下、映像はわざとぼかしてあります)
・メニューを消して表示 ながら観ならちょうど良いサイズ
・フルサイズで表示 モニターがそのまま地デジテレビに
 チャンネル切り替えには3秒ほどかかります。メニューを表示していれば放送局を選択してダイレクトにチャンネルを選択できますが、フルサイズで表示している場合は上下ボタンで1局ずつ順にチャンネルを変えていかなければなりません。ちょっと面倒ですね。

 さらに、一度フルサイズにしてしまうとサイズを変えることはおろか、DigiBestTV自体を終了出来なくなります。かなり謎な仕様です。Alt+F4で強制終了しても画面が消えるだけでプロセスは終了せず、タスクマネージャから手動で終了させる必要があります。その状態でもAlt+Tabでフォーカスは変更できるので、そこからタスクバー上のDigiBestTVを閉じると終了させることが出来ます。とりあえず、フルサイズからはこの方法でしか正しく終了する手がないようです。私はあまり不満に感じませんが、明らかにソフトの不具合だと思います。

 画質は十分綺麗です。ただ、激安チューナーの限界なのか、受信レベルに問題がないのに細かい砂のようなノイズがチラチラしています。特段目くじらを立てるような問題ではないものの、一応画質の評価として触れておきます。

 とにかく本当にあっけなく地デジが観られました。もっと苦労するかと思ったのに、これではチャレンジでも何でもありませんね。でもこんなに簡単に出来たことにとても満足しています。視聴ソフトに若干難があるとはいえ、実際に地デジが観られる状態になるとそんな問題も吹き飛んでしまいます。PC向けの地デジチューナー、なかなかあなどれません。お勧めです。

 次回は最後。今回作ったPCの使い勝手を紹介します。

パソコン工房


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.