地デジが観られるPCを作ります
アフィリエイトならリンクシェア

 これはリンクシェア・ジャパン5周年記念、2010年チャレンジレビューです。私が応募したテーマ、地デジが観られるリビングPCを作る!が採用されましたので、それに基づくレビューを順に投稿していきます。最後までよろしくお願いいたします。

 まず応募動機を説明します。アナログ放送終了まであと1年と少し、にもかかわらず私は未だにブラウン管テレビを観ています。テレビに不調はなく、問題なくアナログ放送が観れてしまうので、正直なかなか変え時が難しいなと感じていました。一方、今ではテレビを観るよりもPCを使っている時間のほうが長いくらい、しかし現在使っているPCは大分くたびれていて、マザーボード上のコンデンサが経年で膨らむほど劣化しています。そこで考えました。PCでテレビも観ることができたらどちらの問題も解決できる、と。幸い、リビングPCに仕立てられるPCケースと電源は手元にあるので、本キャンペーンによるチャレンジマネー5万円を元手に新たにPCを作れたらいいなと思った次第です。

 5万円あればまったくの一からでもPC一台を作ることが出来ます。しかし今回のチャレンジは地デジをPCで不満なく観られるようにこと目的なので、いくつかは持ち出して節約し、新たに購入するパーツに関しては少しおごりました。以下、チャレンジマネーで購入したものです。
 写真の下で切れてしまいましたが、黒い箱がTH55XE(マザーボード 10580円)、そして左の青い箱がCore i5 750 BOX(CPU 18479円)、右側の手前がCMX4GX3M2A1600C9 (DDR3 PC3-12800 2GB 2枚組)(メモリ 12970円)、その奥がBIG Shuriken SCBSK-1000(CPUクーラー 2680円)、一番奥にあるのがKTV-FSUSB2(地デジチューナー 5270円)です。計49970円、これに送料が630円掛かりました。

 上記はすべてパソコン工房で購入しました。私は以前からここを使っています。使い始めた時に対応がとても良かったので今でも安心して利用させていただいています。ここのサイトの作りは面白く、基本的に在庫があるものしか表示されません。在庫がなくなるとリアルタイムでその商品は表示されなくなります。なので、即納と表示させているものはそれを信じて購入して間違いありません。納期の問題で待たされることなく、注文したものがすぐ届きますよ。

パソコン工房

 そして使うPCケースはこのFUSION REMOTE BLACK。奥行きが若干ありますが、おおよそフルコンポサイズです。AVラックなどに収めるにはちょうど良いでしょう。
 ただ、残念ながらパソコン工房では取り扱っていないみたいです。非常にデザインが近いものにNSK2480というPCケースがあるので、興味を持たれたらこちらも確認してみてください。

 以上、チャレンジレビューの内容とチャレンジマネーで購入したものを紹介させていただきました。次回のレビューは個々のパーツ紹介となります。次いで組み立て、さらに地デジが観られるようになるまでを記事にしていきます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.