夜叉SCYS-1000レビュー 第2回
 これはeArena夜叉SCYS-1000レビュアー募集キャンペーンに基づくレビューです。今回はCPUクーラーの取り付けを中心にお伝えしていきます。

 まずCPUクーラー本体に取付金具を差し込みます。私はCore2Duo E4400を使っているのでプッシュピンを使いました。AMD向けの金具も取り付け方はまったく同じです。

 本体側に穴が開いているので、取付金具の差込部分をあわせてぐっと押し込みます。片側は難なくはまったのですが、反対側は引っ掛かり部分が押し込めず苦労しました。しかし取付金具側の耳を内側に押し込むと引っ掛かり部分も内側に押し込まれ、さくっとはめることが出来ました。取り外すときも同じように耳の部分を内側に押し込めばよいのでしょう。

 問題なければマザーボードに取り付けます。今回私が使うのはLGA775です。クーラー側のマルチソケット、いったいどういう仕組みでLGA775/1156/1366に対応させているのか興味があったのですが、4つのピンそれぞれが放射状に遊びのある金具に取り付けられていて、LGA775を使う場合は必然的にピンが内側に来るようになっています。はめ込んでしまえば動くこともありませんでした。

 プッシュピン方式なので、マザーボードのCPUソケット周辺の穴にピンをはめて押し込むだけです。非常に簡単です。ただ、はまったようにみえて簡単に抜けてしまう場合もあるので、はめた後はピンを引っ張って抜けないことを確認すると良いと思います。

 ファンを取り付けてからだとプッシュピンが押せません。まずはCPUクーラー本体を設置してからファンを取り付ける手順となります。

 問題ありなのはファンの取り付け。なんと、付属の針金そのままでは取り付けられません。写真くらいの角度に広げる必要があります。付属してきた状態では角度が半分くらいしかありませんから、付くわけがないのです。これくらいはメーカー側で合わせておいて欲しいですね。

 あと、フィン表面の鏡面仕様ですが、ファンの取り付け・取り外しを繰り返しているうちに必ず傷が付きます。針金の先を引っ掛けなくても、普通に取り付けた状態でも擦れて傷になってしまうのです。ファンをとっかえひっかえして温度を測っていて気がつきました。もううちのは結構ぼろぼろ。

 取り付け完了。付属のファンは4ピンです。もしマザーボード側に4ピンがなくても、3ピンに差し込めば動きます。PWM制御出来ないだけです。ファンコンは効くのでほとんど問題にならないでしょう。BIOSの目標温度が50℃設定、負荷をかけても50℃に届かない状態で、ファンコンを最も絞った状態で640rpm、全開で1480rpmでした。

 今回のレビューはここまで。次回はOCCTでテストした結果をレビューします。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.