ハードディスク新調したものの
 新しくハードディスクを買いました。容量と速度と静粛性を考慮して日立の新型1TBのものを選んだのですが、これは失敗でした。特に速くなることもなく、静粛性の点ではいままでの日立の旧型500GBのもののほうが静かでした。容量だけですね。

 最初にXPをインストール、しかし手を入れていたらアカウント情報が吹っ飛んでしまいました。はぁ、またはじめからやりなおしか、それならWindows7(RC版)でも入れようかなと予定を変更。Windows7はインストールが楽なのでいいのですが、以前にも書いたように、とにかくフォント表示が汚いのです。今回改めてさまざまな設定をしてみましたが、満足いくフォント表示にはならず。やはり使える間はXPにしようとまたまたXPを一から入れなおしました。

 わたしはもともとOS部分とその他のツールはパーティションで分けてインストールしているので、OS部分さえインストールが終われば他の環境設定は最小限で済むようになっています。XPであれば30GBの容量を確保しておけば十分です。ごみをためなければ常に10GB以上空いた状態になるので、Tempに巨大なデータが展開されない限りは大丈夫だと思います。今回は将来Windows7へ移行することも考えて50GB確保しておきました。

 新しいハードディスクは最大転送速度こそ速いものの、OSの起動という面ではぜんぜんだめで、むしろ若干遅く感じます。ハードディスク間のコピーは速かったです。うーん、これだったらもう少しお金を出して2TBのものにすればよかった、かも。完全に期待はずれでした。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.