慣れてきた
 鉄鬼、トータル9戦して4勝5敗、68%まできました。最初の頃は貢献度がずっとビリ、正直なさけなかったのですが、数戦やっているうちにキルがとれるようになり、常にビリという状況は脱しました。

 マップが狭いので、ここまで押し込んでしまえばあとは無理しなければ勝ち、というポイントがあって、そういう見極めも出来るようになってきました。ここまで押し込まれてるのに何で前に出ないんだろう、動かなければ負けなのに、という場面は何度もあって、何人かで打開策を行動で示しているのに付いてこない人が多く、前に出た人だけ撃破されてしまったり、なんとも歯がゆいです。

 逆に中盤まで20キル差くらいで負けていたのに終盤逆転という対戦も何度かありました。相手が余裕見すぎて特攻しかけて失敗という、まあ上の例の逆ですね。

 慣れてきて面白さもわかってきましたけど、でもそれ以上に問題点が目に付いてしまいます。特に、ランクが高くなるほど使える機体が多くなる今のシステムは対戦ゲームではあまり好ましくないように思います。一般に対戦ゲームは、腕前の差をのぞいて、可能な限り条件を等しくしないと面白くありませんし、条件が悪いほうはじゃあやめたとなって去ってしまいます。この鉄鬼もそうなりそうな気がしなくもありません。

 昨日3戦した時点での戦績は26000位でした。思いのほか人がいました。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.