キートップを引っこ抜く
 以前水洗いしても特定キーの無反応状態が直らなかったキーボード、今度はキートップを引っこ抜いて軽く掃除してみたら、なぜか症状がなくなりました。

 このキーボードはキートップを外しても基板には届かず、プラスチックのカバーを表面的に掃除することしか出来ないのですが、それでもなぜか効果がありました。このキーボード、どうしても外枠が外せません。見た目で確認できるネジをすべて外してもどこかで引っかかっています。ツメではなく、見えないところでネジ止めされている感じ。キートップを外せばその下にあるのかな?と考えたのですが、それも見つからず・・・。おそらく今回も一時的に直っただけでしょう。一度完全に分解できるとよいのですが。

 かつて愛用のキーボードだっただけにキータッチは最高、しかし使わなくなって久しいので、キーの配置(距離)が今までの300円キーボードと違い使いづらいです。

 このキーボード、conecoクラブにレビュー投稿したいのですけど、型番からgoogle検索しても該当製品が出てこないという珍品で、投稿先がありません。富士通の業務用キーボードなのでしかたないですけど、ちょっと残念。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.