PSP go
 PSPの新機種、PSP goが発表されました。11月1日発売で26800円。仕様を見るとこれは売れるのかなぁ・・・と少し疑問に思うところもある機種です。

 現行PSPより大幅に小さく、若干軽くなっています。その分液晶サイズまで小さくなってしまいました(4.3インチから3.8インチへ)。でもこれはダメでしょう。携帯ゲーム機であるPSPの最大のウリは液晶の大きさと表示の美しさにあったと思います。にもかかわらずそのウリを捨ててまで携帯性にこだわる意味があったのかどうか。携帯性については動画も音楽も扱える携帯電話の高級機種にはかないませんよね。

 UMDは廃止になり、その代わりとして16GBのフラッシュメモリを標準で搭載してきました。現行PSPに16GBのメモリースティックPRO Duoを買うと実売価格で26800円という値段に近づくので、価格性能比というところでは帳尻が合うようになっています。

 気になったのはUSB端子はどこにあるのか、コントローラー部分を引き出さなくてもXMBは操作できるのか、の二点。前者については、PCと頻繁にデータのやり取りをする場合、USB端子が使いやすい位置にあるのとないのとでまったく勝手が違ってしまいます。現行PSPは使いやすい位置にありますが、肝心のPSP goについては公開されている写真からではどこにあるのかがわかりませんでした。後者については、PSP goはコントローラー部分かスライド式なので、これを閉じた状態でどこまでPSPを扱えるのか、割と重要なことだと思うのですが、この点についての言及がないのが不思議です。もしいちいちコントローラー部分を引き出さないと操作が出来ないのであれば、スライド式のせいで使い勝手が悪くなったと不評を買うでしょう。

 個人的には液晶サイズが小さくされてしまったのが残念でした。

 (注:USB端子は電源入力端子と兼用でした。マルチユース端子というものらしいです)


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.