シャープシューターのスキル
 シャープシューターのスキルの使用感を書いておきます。総じて使えないスキルです。開発・運営がバランス調整のためのテストプレイしていないのがばればれです。スローショットなんて何に使うんだろ・・・。あまりの内容の酷さに呆れてしまいます。明らかに不具合報告すべきものもありますが、わたしから報告する気はありません。はっきりいってももうこのゲームどうでもいいです。それくらい馬鹿らしくなりました。

・ディスタントショット 射程距離外からも正確に目標物を撃ち抜く、と書いてありながら、射程の表記は13.5m。これは他の攻撃スキルと同じ射程です。実際に使ってみても射程距離外から撃つことはできません。これは間違いなく設定ミスでしょう。本当に射程距離が長いスキルとなれば、ボス格の敵を釣りだすのに使えるかもしれません。でもそれだけですね。

・スローショット 撃つと濃い緑色の光が背中からぶわっと伸びてきて、その光の中からゆらゆらと矢が出現、その後ゆっくりと飛んでいきます。その直後に通常ショットをすれば、そちらのほうが先に当たります。誘導矢と書いてあります。追尾する、という意味なのでしょうか。しかしこのゲームの攻撃は命中率が足りていれば必ず当たります。地形で阻まれることもなく、キャスト後相手との距離が離れても必ず当たります。要するに誘導あるいは追尾する効果などあってもなくても関係ありません。リキャストタイムは6分。このスキルの使いどころはまったく想像できないです。

・ディテクト 使うと範囲指定した周辺が明かりで照らされ、ハイドしているキャラが見えるようになるようです。ハイドしているキャラがいないので未確認です。なんとこれ、範囲指定のスキルです(マルチショットと同じターゲットサークルがでる)。つまり、ハイドしているキャラがいそうなところを指定して使って、運良くヒットすれば見えるようになる、というなんとも頼りないスキルのようです。

・アトモウストアロウ レンジャーと共通スキルです。14000〜20000の追加攻撃力のある攻撃ショット。モーションはパワーショット、しかし射程はアイミングショット、そんなスキルとなっています。攻撃力+20000といえばダメージにしたら+1000はされそうなものですが、実際はパワーショットに毛が生えた程度です。爆発的な威力はありません。これはおそらく表記の間違いか、それでなければ設定ミスで攻撃力+20000になっていないと思われます。消費SP1300なので、現状ではただ燃費の悪い攻撃スキルというだけのものです。

・ブラインドショット これは完全対人スキルなので試していません。喰らうと視界が真っ暗になるとか。

 繰り返しますが、まともに使えそうなスキルはひとつもありません。少なくともシャープシューターに関してはとりあえず実装したというだけで、詳細なバランス調整をした形跡がまったくありません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.