メモリが壊れた
 OSが吹っ飛んでしまいました。メモリの物理的な破損が原因らしい・・・。泣く泣く再インストールしてみたのですが、それでもどうにも不安定だったので、MemScopeとMemtestというメモリチェッカーをCDに焼いてメモリをテストしてみるとエラーの嵐。2枚のうち1枚がほぼ使い物にならない状態になっていました。もう1枚は問題ありませんでした。メモリを挿すスロットを変えてチェックして同じ状態だったので、マザーボードの異常でもありません。よくこんな状態で今まで使えてたなぁと驚きです。完全に認識しない状態だったらわかりやすかったのに。もともとこのメモリは買った当初から安定しているとは言いがたく、メモリのタイミングを緩めて使う分にはまあ使えるといった状態だったので、さっさとチェックしていればよかったです。

 早速ソフマップで2Gx2のメモリを注文しました。今度は無駄に4Gにしました。2.5GをRAMディスクにして、そこにブライトキングダムのファイルをまるまる置いてみようと思います。これは追々記事にします。それにしても昨年末から故障ばっかり。広告で稼いだお金が全部それらに消えていきます。上手く帳尻が合うようになってますね。

 今回、再インストールは修復インストールというものを使ってみました。OSの根幹部分のファイルが再インストールされるのみで、関係ないファイルにはそのまま残ります。間違って必要なファイル含めてフォーマットして消してしまうというありがちなミスが起きない点はなかなか良いです。しかし修復インストールにかかる時間は完全にインストールしなおす場合とさして変わりませんし、認証も求められます。上記のリスクが取れるのなら、いっそのこと完全インストールしたほうがいいのかもしれません。

 壊れたメモリには永久保証が付いているのですが、送料を考えると修理・交換に出す価値があるのかどうか・・・。今は1Gx2枚なんて2000円くらいで買えてしまいます。ちなみに新しく購入した2Gx2枚は3500円でした。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.