CRTを処分
 春に壊れたCRT、ついに廃品業者に渡してしまいました。1000円取られました。行政のリサイクルにまわす4000円以上取られるのでしょうがないです。本当は国内の無料引取りリサイクル業者に送るつもりだったのですけど、梱包材がないので送る手段がなく、どうしようか考えあぐねているうちに半年も経ってしまっていました。もういいやということで処分。

 廃品業者のおじさんと少し話しをしてみました。この手のものはやはり東南アジアに流されるそうです。業者間ではソニーの製品は人気がないとか。ソニーの製品は独自の技術が使われている場合が多く、東南アジアでは修理出来る人がいないため、再利用するのが難しくて売りにくいのだそうです。今でもテレビの下取りでソニー製は不可とあるのをみたことがあります。なんでだろ?と思っていたのですが、ああいう下取りされたものも東南アジアに流されていくというわけですね。

 渡したCRTは再利用されずスクラップされて貴金属だけとられて終わりそう。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.