ひとりでねばる
 ミニドラゴン4人でクリアならず。最後は自分ひとりでタイムアップ。対ミニドラゴン、ひとりでやるのは楽しかったですけど倒すのは無理でした。

 スクロールポーション使っている人が誰もおらず、自分以外はミニドラのブレスで即死か瀕死。これは駄目そうだなと早々にわかっていましたけど、参加者のひとりメイジだけは一応やる気があったみたいなので自分も頑張ってみました。アーチャーはクリアがきついとわかるとキャラ放置、正直目障りでした。最後は無言でルーメンに強制送還されていましたが、それでもパーティから脱退しないのでこちらから抜けました。こういう人いると萎えます。他人任せのクリアにのっかるだけなら参加者が多いキンクエにでればいいだけのことなのに。わざわざ少人数の中にきて、やることやらないでまわりに嫌な思いさせているだけなのがわからないのでしょうか。いろいろな人がいるので嫌な目にあわされたらその時だけは甘受して、以後同じ相手からは自衛するしかありませんね。

 それはともかく、キンクエは少人数募集なんていうのがあっても面白そうだと思いました。難易度調整できないのなら参加者の上限を半分〜1/3程度にしたものを並存させて参加者数を絞ることで難易度を上げるのです。参加者がバラけてしまい通常のキンクエがなりたたなくなるという反論も予想されますが、少人数枠に参加申請する人は少人数で楽しみたいと思っているわけで、そもそも通常枠のほうには参加しないので問題はないのではないでしょうか。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.