SilviaCannon/シルビアキャノン攻略
 SilviaCannon各ホールについての攻略を書き記してあります。1W246y(パワー23)・スピン7・カーブ7を前提としています。あわせて1W244yでも確認してあります。

 1W246yではPar4のホールで圧倒的にパワー不足なので、無理にあがかず3オン狙いの攻略になっています。一応2オンの手順もメモ程度には記してあります。

 グリーンは全体的に平坦で難易度は低め。ただしカラーの排水溝に着弾すると球が大きく跳ねるので、アプローチが難しくなっています。できるだけバックスピンを使って寄せたいところです。排水溝の上を転がると勢いがつく効果があるので、排水溝を跨ぐかたちでバットをする場合はパワーを-2yしてください。そのまま打つとカップに弾かれます。

 1Hと3Hで2オンを狙うために体力補助剤を2つ、あとは要所で確実にバックスピン・トマホークをだすために神経補助剤を6つ、これだけ持ち込めばよいと思います。積極的にいくなら神経補助剤の変わりにスピンマスタリー6つ、これで5・8・14・17Hそれぞれでスコアひとつずつ縮めることもできなくはないです(いずれも1打目スピンマスタリートップスピン、2打目スピンマスタリー打点下トマホーク、8Hのみ2Wスピンマスタリー打点下トマホークで)。

 後半9Hはこちらから


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.