SilviaCannon Hole7/Par5

 5Hとよく似ていますが、送風機があり、グリーン周囲に壁がないので簡単に2オンできます。

 ティーショットで海に落とさないように埠頭に打ち込み、送風機の上をトマホークで通すだけ。グリーンは簡単なので、とにかくのせることを優先してください。カップに寄せたければ上昇気流で約20y飛距離が出ると考えればよいと思います。

 埠頭の縁は傾いているので、そこにかかるとクラブ制限を受けます。右からの風に流されると埠頭左の縁で止まりがち(もしくは海ぽちゃ)なので注意が必要です。なお、埠頭の先端左にある立て看板に当たり判定はありません。

 ティーショットは強い追い風の場合は弱めのショットでないと飛びすぎて海に落ちます。

 パワーゲージがなければ水色ルートで対岸の埠頭へと迂回します。Par5なのでこれでもバーディーです。最初からバーディー狙いなら、埠頭よりも右フェアウェイを刻んでいくほうが確実です。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.