パンヤは3周年
 パンヤ3周年。もう3年ですか。わたし一応最初から遊んでいました。NTT回線専用フレッツスクウェアでおこなわれていたβテスト時代から知っていますが、この時はなぜか接続できず遊べませんでした。その後一般向けに開放されてから参加していました。夏の終わり頃だったかな。最初は月額500円予定だったのが、急遽無料に変更になったのも覚えています。βテストも有料サービス前提のチケット制だったんですよね。

 当時はここまで人気が出るゲームだとは思いもよりませんでした。確かによくできてるなとは感じましたが・・・。今見てもグラフィックに古臭さを感じさせませんし、当時のデザイナーがどれだけ優れていたのか、恐るべしです。具体的にパンヤ人気に火がついたのはクーの実装あたりでしょうか。翌年5月頃にガチャシステムがきて個人的にはしらけましたが、一般には好意を持って受け入れられたようです。

 転機がきたのは昨年末のイベントですね。靴下を集めてクリスマスクラブと交換するというものでしたが、さっぱり集まりません。1日1時間遊んだ程度ではまったくでないのです。公式掲示板でも話題なっていました。あー、これは遊んでいるというより遊ばされてるなと感じて断念、これをきっかけに徐々に遊ばなくなってしまいました。その後のチョコを集めてカップルティーシャツと交換イベントでも同様な問題にぶつかり、これが決定的となりパンヤから距離をおくようになりました。そのまま現在に至ります。楽しさが作業をやらされてる苦痛に変わってしまったわけです。これでは遊ぶ意味がありませんからね。

 3周年記念としてさまざまなイベントが行われるようです。単なる作業のようなイベントではなく、誰でも楽しめるものにして欲しいと思います。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.