相手の自爆
 今週ひさびさのファンタジーアースで二戦。

 一戦目のエルギル高地防衛戦は超接戦。領域で負けながらもKill勝ちで戦況ゲージはわずかに負けてる状態。でもKill勝ちなんていつまでも続きませんし、いっぽうで領域ダメージは安定して入るので徐々に差が開いていきました。領域内のクリスタルも枯れ、ここまでか、と思ったら、相手はなにを思ったのか、こちらのキャッスル前のオベリスクを狙って10人以上川から突撃してきました。主たる前線は中央なのに・・・。バランスがくずれた中央前線は一気に押しあがって敵オベリスクも破壊、これをきっかけに戦況ゲージも逆転してそのまま終了。完全に相手の自爆です。勝っているのだから余計なことしないで前線維持に全力注いで入ればよかったのに。

 二戦目はスピカ隕石跡防衛戦。レベルで圧倒していたので大差で楽勝かなーと思っていたのですがまったくそんなことはなく、少しずつ差を広げていくという展開。ドラゴンがでないので理想的ではありますが、このレベル差でこれしか押せないのはちょっと意外でした。それはともかく、1ゲージ終了したところで敵のキマイラくるだろうなと思ったのでHラインを見張っていたら、案の定のこのこやってきました。来るのは予想がついていたので落ち着いて味方歩兵5人でぼこぼこに。最後の1ゲージは自らナイトになって敵キープに貼り付いてました。渦巻き系マップはとにかくキマイラが決まりやすいので油断できないからです。ナイトで警戒していたのですが、敵歩兵が釣れまくり。10人くらいは追いかけてきてたかも。敵キマイラがでてもこっそりG・Hラインに抜けられさえしなければいいので、視界から外れない範囲で敵歩兵を釣って遊んでいました。結局大差がついて終了。もし自軍の歩兵がこんなに釣られていたらわたしなら戦場離脱してます・・・。一緒に戦う意味がないからです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.