妖精の耳だった
 ガチャレアは水着ではなく、先日韓国パンヤで実装されたばかりのあの耳、妖精の耳だそうです。メールマガジンによると4mの風ならほとんど違いはわからないが9mの風なら明らかにパンヤが出るようになる(くらいパンヤゲージの幅が増える)とか。

 レベルによるコントロールペナルティの緩和、クリムゾンリング・クロポン、妖精の耳・・・。いずれも持たない人にはもはや勝ち目がありません。相手がミスするのを待つだけ。やる前からわかります。これから一から始める人には楽しめないゲームになっていく一方です。新規お断りのゲームなんてお先真っ暗。残念です(わたしはシーズン3以降ほとんど遊んでないですけど)。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.