真打ち登場
 訓練所南西のグリムゼル小要塞をクリアするとアガットが仲間に加わります。やっぱりアガットなのねー。ティータがすごい喜んでいて可愛いです。アガットはSC終盤でアーツが封じられたときに通常攻撃担当として大活躍してましたが、今回はアネラスが異様に強いので出番はなさそうです。

 グリムゼル小要塞、途中マップが真っ暗になり一見進めなくなってしまいますが、通路をそのまま真っ直ぐ進んだ先の部屋の右手にある暗視ゴーグルを取ってしまえば辺りが見えるようになります。わたし、暗闇になった時点で宿舎に引き返し、対暗闇効果のアクセサリを買って舞戻ってきました・・・。まるで意味なし。暗視ゴーグルでないとダメなのです。そういえばSCの時もまったく同じ場面で同じ失敗をした記憶があります。進歩なさすぎ。

 残るはエステルなのですが、これはアガットの封印石を解放すると同時に訓練所の北に魔法陣が現れるので、そこに行くとイベントが始まり無事仲間入りとなります。このイベントはストーリー上重要だと思うのでここでは詳細には触れません。

 エステルが仲間になると爆釣伝説エステルというミニゲーム(対決?)をすることができます。でも難しい・・・。SCの時の釣りってこんなに難しかったかな、というくらいタイミングがあいません。"!"の表示にあわせるよりも、表示されるときに鳴る"ピッ"という音にあわせたほうが上手くいくようです。

 釣り上げるタイミングが上手くなってもなかなか勝てません。最後の最後、これは勝っただろうという場面で399ptの魚を釣り上げられてまさかの逆転負けとか、3回くらい喰らいました。ひどい。必勝法はないと思いますが、とにかく序盤で釣り餌として使える魚を釣り上げて、中盤以降それを餌にして剛竿トライデントで大物を狙う、これが一番勝つ可能性が高いです。序盤から大物を釣り上げてしまうと相手も釣り返してくるので、終盤に勝負をかけることをお勧めします。でも結局最後は運。勝つとエステル専用のアクセサリ・釣師の紋章が貰えます。苦労の割にたいした性能ではないので、このミニゲームはスルーしてもよいかもしれません。

 それにしてもやっとエステルです。プレイ時間は10時間を越えています。前二作遊んでいる人にとってはエステル(とヨシュア)こそが主人公なのに、ここまで登場を引き伸ばしたのはどうだったのでしょうね・・・。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.