Level-R
 Level-Rというレーシングゲームを試してみました。ステアと同じゲームポットが運営するタイトルです。ステアのようなコミカルなものではなく、もう少しリアル志向な感じです。車が簡単に吹っ飛んで転がりすぎな気もしますけどね。

 とにかく操作というかハンドリングがシビアで、常にアクセルをいっぱいに踏んだままカーブを曲がりきるなんて芸当は不可能です(たぶん・・・)。スピードを落としてちょこちょこっとハンドルを切るといった慎重さが必要。結構神経を使います。でもそこがなかなか楽しいのかも。練習用に好きなコースを好きなだけ好きなようにひとりで走れるので、敷居はかなり低いです。誰でも気軽に走ることが出来ます。これだけでも面白いかもしれません。最初はあまりに敏感な車の挙動に戸惑うこと間違いないでしょうけどね。

 気になったのは画面が暗い、暗すぎなところ。モニターのブライトネスをかなり上げないと先が見えません。最近の液晶モニターはかなり明るいので、その発色を前提にカラーバランスが取られているのでしょうけど、いくらなんでもこれは・・・(うちのモニターはCRTです)。あと、ゲームシステムとして、やっぱり走ってPPを貯めて車を改造していく、といういかにもありがちな内容なのが残念。経験値やポイントを貯める作業の積み重ねがすべてのゲームには飽き飽きしています。

 不満点をあげつらっていますが、総じて好印象なゲームです。ただ、人気がでるかどうかはわかりません。でも今のステアよりは成功しそうな気がします。

 ステアの最高PP10倍キャンペーンの恩恵を受けにいってみましたが、4人で走って1位を取ってPPは90。10倍はおろか2倍にもなっていないような・・・。新しいカート一台買うのに6000PP、新キャラは15000PP必要なわけですから、いったいどれだけ時間を使わせようというのでしょうか・・・。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.