1Kill差を制す
 キンカッシュ古戦場跡に援軍として参加してみました。48vs49だったので、攻撃側です。このマップは今回あわせて2回しか経験したことがありません。

 入ってみると昔懐かしい召喚貯めてから崖下へ降下する戦術。3箇所のクリスタルはすべて枯れて、あとは相手が下りてくるのを待つだけとなっていました。幸い相手のオベリスク建てが下手で、ジャイアントの砲撃で3本折ってこちらがちょっとだけリードしている状態。ただ、北からくるものと予想していたところ南から襲撃されてしまい、降下後直後に南側に多大な犠牲が出て一気に追いつかれてしまいました。偵察に行った味方ナイトはまんまと裏をかかれたわけです。結局1Kill差でこちらの勝利でしたが(最後の最後は両軍ともゲージが完全になくなっているように見えました。それくらい接戦)、裏をかかれたのが痛かったですね。

 南側のオベリスクが叩かれているのに誰も向かわないので、援軍の分際で余計かと思いながらも軍団チャットで折られるから行かないとと一言いれました。わたしひとりで敵ふたり相手に牽制しながら待っていたら味方5人くらいやってきて、オベリスクは辛うじて残り、敵も1人倒すことが出来ました。結果論ですけど、この1Killがいきた形の勝利だったわけで、自分としてはいい仕事が出来て満足です。

 しかし、どの国もそうですけど、僻地のオベリスクが叩かれても気がつかない人・守りに行かない人は本当に多いです。クリスタルのすぐ隣の崖の上でオベリスク叩かれても誰も向かわなかったり(絶対に気がついてるのに)、ひとりで行くのは自信がないのでしょうか。とりあえずチャットで発言してから向かうだけ向かって、自分ひとりではどうしようもないなら逃げればいいだけのことなのに(守れず、ただ死ぬだけなら意味ないです)。その上で誰も来ないで折られても他の人が悪いのです。わたしはそう考えています。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.