バトルフィールドに対する不満
 座談会でバトルフィールドのいまの仕様に不満をぶつける人が多いのは意外でした。あれはあれで面白いのに。ただ、不満を持ってる人たちの中でもそれぞれベクトルが違っているみたいで、単にPvPできない、する雰囲気にないのを問題にしている人、経験値が多すぎてゲームバランスが崩壊してしまったことを嘆いている人、ドロップが多すぎて生産の意味がなくなったことに憤慨している人などなどさまざまです。

 純粋にPvPがしたいなら王者決定戦が毎時間開催されているわけで、この点についてはそんなに問題になるのだろうかというのがわたしの考えです。王者決定戦に参加している人はほとんどいない現状からして、多くの人はこのゲームシステムではPvPはしにくい、したくない、する意味がないと判断しているわけです。なのでPvPができるできないはバトルフィールドがどうこうとは関係ない問題のはず。みんな稼ぎに夢中でPvPにならないから経験値を減らして、敵を無くしてなどと提言している人もいましたけど、そうすれば誰もバトルフィールドに行かなくなるだけです。

 経験値が多すぎてバランスが崩壊しているという指摘に対しては、わたしもそうだなと思っています。でも個人的にはいまくらいのぬるま湯が心地いいというか、楽しいのもまた事実です。調整が入って渋くなったら、もう遊ぶ気にもなりません。

 ドロップし過ぎで生産する意味がないのは頑張って熟練度を上げた人にとっては重要な問題ですよね。モチベーションに関わってきますし。わたしのようにまったく手付かず状態の人にはまったくありがたい限りのはずですけど。

 理由はともかく、調整が入るのは間違いないようなので、楽してレベル上げしたいならいまのうちです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.