またヒヒイロカネが出た
 なんとなく野良のアーカーシャHLに救援で入ってみると、ごぼう抜きの2位でヒヒイロカネが出ました。

今年2回目のドロップ

 以前アルティメットバハムートHLからドロップした時とよく似た展開でした。私が頑張らなかったら失敗に終わっていたであろう一戦です。もしかしたらその頑張りを評価してドロップ内容に反映させているのかも?と考えてしまいます。そんな面倒なことはしていないか・・・。

 ともかく、期せずしてオクトーの最終上限解放分のヒヒイロカネが入手できたわけですが、銀片の数がまったく足らず、年内にいけるかどうかという状態です。もはや必死になるほどの情熱はなく、1日2回前後ディメンション・ヘイローに挑むペースでやっていければと思います。

あまり難しくはなかった
 ジ・オーダー・グランデHL、今日実装でした。まったく知らなかったので、野良の救援に流れてきてびっくりしました。

ジ・オーダー・グランデHL

 序盤は見た目何も変わりませんが、残り25%?あたりで怒髪天を衝くスタイルになります。そこで"お前たちは世界の敵だ!"と言われてしまうのが悲しい・・・。フェイトエヒソードや季節ボイスで、主人公とあれだけ仲むつまじいところを見せ付けられているのに。でも躊躇なく倒しちゃいます。

 野良で数戦してみて大丈夫だろうと判断し、ロビーの18連戦にも参加してきました。連戦に参加したのは本当に久しぶり。実装直後の黄龍・黒麒麟HLをして心底嫌気が差したのが最後だったと思います。まあ今回の連戦も別に面白くはなかったのですけど。18連戦でコスモス武器の最終上限解放に必要なトレジャー30個がぴったり揃ったのは良かったです。順位箱には一度も手が届かなくてもこれですから、おそらく18連戦で1本分は揃うようになっているのでしょう。

 とりあえずソード・オブ・コスモスだけ最終上限解放を済ませました。強さはまったくわかりませんが、バハムートウェポンと差し替えてみると予測ダメージが上昇しました。条件が合えば相当強い武器であることは確かなようです。あとはロッド・オブ・コスモスの最終上限解放分を確保して連戦を終えたいと思います。

メインクエストはダメかもしれない
 メインクエスト更新。今回の更新された部分は面白かったです。この部分だけを抜き出してみれば、ですが。

 メインクエストは完全に行き当たりばったりになってしまい、もはや話に整合性がありません。話を終わらせたくないがために主人公の旅を横道に逸らせまくってしまった、当然の結果だと思います。

十天衆オクトー仲間入り!
 配布されたヒヒイロカネを使ってオクトーを仲間にしました。手持ち9人目の十天衆です。ここまでに、何度か遊ぶの止めようかなと考えることもありました。しかしこの十天衆を揃えることがひとつのモチベーションとなり、ここまで続けられたのだと思います。それもついに9人目となりました。

オクトー仲間入り

 シエテ、ニオ、ガチャピンに説得されて仲間になる図。楽勝というか、1ターン目シエテの攻撃で終わりました。可能であればこのキャンペーン中に銀片を集め終えて最終上限解放に備えたいところ。

 十天衆、あとはカトルのみです。6周年記念で任意の十天衆を貰わない場合はヒヒイロカネが貰えるようなので、最終上限解放まで見越せばどちらを選んでも大差なさそうです。普通に天星器を覚醒させていこう。

今年も大盤振る舞いだった
 ヒヒイロカネ配布にセフィラ玉髄の在庫追加。凄いの来てます。これで十天衆と十賢者どちらもひとりずつ仲間にできることになりました。十天衆は予定通りオクトーにします。十賢者はマキラの最終上限解放を待ったうえで、土属性編成に動きがなければカイム、そうでなければ以前からの候補であったガイゼンボーガにしようかなと、今決めました。たぶん。

 6周年キャンペーンで十天衆の任意のひとりが貰えるそうです。ここでカトルを選べば十天衆全員揃いますが、最終上限解放に四天刃20セット(80本)必要になるため、最終上限解放自体は古戦場2回分程度遅れそうです。でもまあ今はヒヒイロカネをケチるのが正解でしょう。

 凄まじいばら撒きでガチャは900回分を回復しました。ここまで早く回復するのがわかってたら、ジャンヌダルク、シトリ、グリームニル狙いのレジェンドフェスで動いていました。読めなかったな・・・。

今年も無料ガチャルーレットありそう
 ガチャピンのガチャポンバーストは8ターン目から使用可能でした。再使用間隔が15ターンなので、次が最短で24ターン目ということに・・・。召喚石ムックと黒麒麟を使ってなんとか、というところでしょうか。まあガチャンクスとガチャラヴィティのふたつだけでも破格の性能だと思いますけど。

 ガチャピンイベントの最後にルーレットのシルエットが登場していました。今年もやるみたいです。しかしもはやSSレア枠を引いても未所持キャラがまったく当たらず、ストレスのほうが大きくなりそうなのが悲しい。どちらかというと無料ガチャが蒼光の御印300個の足しになることに期待します。

ガチャピン強いのか・・・?
 ガチャピンを育ててみると、このキャラには大きな問題点があることに気づきました。何の手も打たないとエネルギーボールが一切回復しないではないですか!ガチャピンに向けて回復もしくは強化アビリティを使う必要があるため、その点ではシエテなどはまったく役に立たないのです。これはおそらく、同じくイベント配布キャラである一年生チーム&コッコロと組ませて使えということなのかもしれませんね。なるほどな・・・。

ガチャピン強すぎるような・・・
 ガチャピンイベントで10連ガチャチケットが2枚も貰えてしまったので、ガチャ900連分回復はもう余裕だろうという状況です。

 イベントで仲間になるガチャピンは、ウーノとソーンとシエテの売りのアビリティを持っているという、おそらくこれまでの配布キャラの中では最強仕様のSSレアキャラでした。ディプラヴィティで弱体効果てんこ盛りにできるため、虚空剣との相性が良いのも嬉しい。しかもガチャピンの得意武器が剣ですからね。一方ムックは召喚石でした。ムックもキャラで使いたかったです。

 イベントストーリーそのものはまあ普通な感じ・・・。いままでにもあった、異世界からこちらの世界に来てしまった系のお話。旅立ちの最初からガチャピンが相棒だった体で、メインクエスト"蒼の少女編"の前半が駆け足で語られます。ただ、相変わらず水を差す形で後半の話は後日解禁となるのがいまひとつ。

 一応わかりやすくエルステ帝国と戦っていくわけですが、すべてガチャピンがワンシーンで倒してしまうため、実質敵役がいません。そのため話が盛り上がりようがないのも惜しいですね。

思いのほか回復が早い
 イベントの宝晶石を少しずつ回収してみて、どうやら年内にガチャ900回分回復しそうな気配がしてきました。これだったら前回のグランデフェス、シトリとジャンヌダルクとグリームニルの三点狙いで300連投じても良かったかもしれないですね・・・。まあ後発のほうが強いキャラが実装される傾向にありますし、そのうち闇属性の四大天司の使徒相当キャラが間違いなく来るはずですから、そこがチャンスかな?と考えています。

 それとは別に、年始の十二神将キャラは狙うつもりです。ここでリミテッドシリーズのフェリも仲間にできれば万々歳なのですが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.