思わせぶりなだけのキャラはいらない
 SSレアのメドゥーサに召喚石サリエル・・・。300連ガチャするならこちらでしたねえ。召喚石サリエルの存在が大きすぎます。メドゥーサはリンクスメイト加入特典でもあるので、通常版を実装することは当面ないと考えていたのも裏目に出ました。はあ。先のグランデフェスに投じた300連は後悔しかありません。とはいえここでまた250連するのもちょっと。う~ん、本当に失敗しました。

 メドゥーサイベントは実質ジオお披露目イベントです。期待のメドゥーサ達はただの引き立役でしかありません。しかしその肝心のジオも、ロキの焼き直しとしか思えないつまらないキャラでしかなく・・・。この手の意味がありそうでまったくないキャラは出さないで欲しいです。あいまいな態度を取り続けるキャラは運営からすれば重宝するのかもしれませんけどね。ナタクやバアルの人となり(?)が見れたのは良かったです。

ベーシックな装いのゾーイ

 お目当てのゾーイのスキンはなんとか回収できました。星土の結晶稼ぎは真正面から挑むと時間がかかりすぎるので、称号は二の次にして探索スキップで進めてしまうほうが良さそうに思えました。今回かなり面倒です。

四大天司HLは見直したほうが・・・
 セラフィックウェポンのさらなる最終上限解放、ハープ・オブ・ハルワアムルだけ終えることができました。最終上限解放後は"永遠の知識求むる竪琴"というまったく別の名前の武器になります。スキルレベル15に上げてみても効果は感じられませんでした。HPも増えてないような?必死になるほどの武器でもないようです。

 久々に参加してみた黄龍・黒麒麟HL30連戦は40分かからず終わっていました。インフレが凄まじく、四象金印さえあればアニマ&マグナアニマ集めにかかる手間はだいぶ楽になったと思います。

 一方で、新たに追加された四大天司HLは18連戦で1時間かかりました。このマルチバトルは酷いですね・・・。有利属性で戦える場面が1/4程度しかなく、逆に言えば3/4は非有利属性でたらたら戦うしかないのが致命的。これで1時間拘束はあまりにつらいです。運営は4つの有利属性ごとに役割分担させたかったのかもしれませんが、3分はかかる1戦でそれは無理でしょう。参戦者を有利属性別に4グループに分けて、平行して戦えるようなシステムが作れたら面白くなるかもしれませんね。

 ルシファーHLは野良で結構流れてきます。いまや人気もさほどないのか、一瞬で埋まることもなく簡単に救援に入れてしまいます。私もマグナ系の終末武器は取り終えてはいるのですが・・・。ペンデュラムは光属性と水属性にだけ付けている状態です。

 光属性はアビリティダメージアップ系のペンデュラム。これはソーン、ゾーイ、クビラのカウンター攻撃がアビリティ扱いな点に着目しての選択です。ゾーイとクビラでだいたい毎ターンそれぞれ130万程度のダメージが上乗せされます。ゾーイのラストウィッシュも300万近くにまでなりますし、大きな効果が認められました。

 水属性は必殺スキルに合わせての奥義ダメージアップ系。悪くはないのですが、それほど上ぶれすることもなく、こんなものかといった程度でした。ただしメイン武器に使う場合の奥義効果、奥義ゲージ上昇アップ(10%)まで含めるとなかなかのもの。特にヴァジラの奥義回転がさらに上がるのが強力です。

 他属性は決め手に欠けてまだなにもしていません。ペンデュラムの付け直しは容易なので(下位トレジャー換算でも25個ですし)、テキトーに選んでも後悔はなさそうですけどね。

四象の輝きが稼ぎやすい
 今回の四象降臨から四象の輝きが貯まり易くなったようです。BP1の救援でも普通に1000以上稼げてしまいます。BP3なら4000以上。前回までの倍以上の効率で、凄い勢いで貯まっていきますね。四象印符集めの必要性が高くなったのを受けての救済策でしょうか。

 一方、新たな難易度であるPROUDとPROUD+は弱すぎて肩透かしでした。以前のブレイブグラウンドの同クラスのものとは比較になりません。誰でも倒せる難易度にPROUDの名を冠する必要あるのか、疑問です。MANIAC+程度がいいとこ。

調停者の使命

 近日中に開催されるイベントでゾーイのスキンが配布されます。イベント中にも登場するのでしょうか。楽しみです。

十天衆ニオの仲間入り
 今回の四象降臨開催に伴ったヒヒイロカネの在庫追加がきたので、7人目の十天衆としてニオを仲間にしました。

ニオ

 先日の古戦場で交換したヒヒイロカネが余っているため、このニオか、すでに手元にあるエッセルのどちらかの最終上限解放が可能です。いまだ決められませんけど。もういっそ竪琴の銀片を集めきるまで待とうかな。

 最終上限解放をしない段階だとエッセルよりニオのほうがまだ使える感じがします。エッセルはドロップ率アップが欲しいのでなければ、ここまでの7人の中で最も使いどころのない十天衆だと思います。一番使えるのはソーンでした。3つのアビリティすべてが"使える"効果なのが大きいです。

 セラフィックウェポンのさらなる最終上限解放が実装されたのはよかったのものの、黄龍・黒麒麟HLと四大天使HLの連戦を要求される内容だったため諦めました。連戦1回2回するだけならともかく、旬が終わるとまったくやる人がいなくなる連戦を、追い立てられるように繰り返し参加するしかないのは苦痛でしかありません。やってられません。ただ、現時点で黄龍のマグナアニマだけは余っているため、野良の救援で天司の光輪が集まればと、その時を気長に待つことにします。

九界琴が揃った
 九界琴残り25本、今回は絶対無理だろうと最初から頭になかったのが、終わってみれば25本ぴったり集まりました。確認していたなかったので詳細はわかりませんが、おそらく本戦最終日+スペシャルバトル報酬だけで14・5本上積みできたようです。それくらい途中までやってませんでした(そもそもやる時間がなかった)。

 よくよく考えると、前回と比較して時間当たりのグラッジチャンク入手性は2倍以上ですし、EXTREME+1戦の戦貨も1.4倍、さらに1ボックスすべて取りきるのに必要な戦貨が10%減、そしてスペシャルバトル報酬の戦貨も相当増やされていたとなれば、前回なら10本すら届かなかったろう程度の手間で今回25本集まっても不思議ではありません。

 まったく予期せず九界琴11セット揃いました。これならニオの最終上限解放を優先しようかなと気持ちが傾いています。しかし竪琴の銀片0個からのスタートなのですぐにいける感じではありません。それにしてもここでニオにするなら、先の300連ガチャはシヴァではなくアンチラ狙いにすれば良かったな。シヴァ、格好良いけどシヴァでないとダメというほどの強さでもありませんでした。

ブックメーカー少し当たった
 古戦場最後のブックメーカー、個人的には最初で最後となりましたが、4点賭けして一番配当の少ないところが当たりました。嬉しいけど素直に喜べないオチですね。

当たったけど・・・

 今日も忘れたまま終わる寸前で思い出し、締め切り7分前のところで適当に見繕いました。一番人気のWは私もまず間違いないだろうと考えつつ、その時点で4位だったNが最終的に盛り返してくれれば配当が美味しいと、自分に都合の良い展開を期待しての4点賭け。私が賭けた時点でWEN以外の3点は配当500倍でした。

 最後の最後でNが3位で終わることへの保険を掛けたのが正解でした。先日大敗した300連ガチャのうち77回分取り戻せたと思うと、だいぶ救われたと感じます。

 もしかして九界琴25本揃うのではないかと、今夜になって4時間オート周回を続けていました(だいたい途中で全滅してましたので、手動で復活させて継続)。明日のスペシャルバトル分の上積みを含めるともしかしたら届いたかもれません。ニオにするかエッセルにするか、どうしようかなあ。

最終日の賭け忘れだけは避けたい
 古戦場最後のブックメーカー、3日連続で賭け忘れ。まずい・・・。今日こそはと朝のうちに確認しておいたのに、思い出したのが18時過ぎ。本日の分は終了です。

 とはいえ、この3日ともシングル1番人気のエリアがそのままぶっちぎりで1位になっているので、リスクを取ってもハズレるだけでした。その意味では運が良かったのかもしれません。明日最終日はまったくの団子状態でチャンスがめぐってきて欲しいものですね。

天星器集めも楽になった
 古戦場、予想通りランキング争いが凄いことになっています。グラッジチャンク集め効率が倍以上になったうえにキュベレーも弱いときては、当然だとは思いますが・・・。

リーシャの追撃が強い

 天星器も最初の4本までであれば、こちらも相当簡単になりました。前回の古戦場と比較すればまったく遊んでいないに等しい程度でも、初日の時点で6本回収できてしまいました。今回、前回からの目標であった25本にはさすがに届きそうもありませんが、次回と合わせれば九界琴11セット揃う可能性もあります。ヒヒイロカネを温存してニオ獲得から最終上限解放可能になるところまで待つか、予定通りエッセルの最終上限解放を進めてしまうか、悩ましくなってしまいました。

300連分の宝晶石が水泡に帰す
 せっかくなのでグランデフェス300連ガチャしてみました。結果は過去最低・・・。SSレア枠が12回、うち召喚石は4つ(アグニス、アフロディーテ、セト、スノウホワイト)、新しく仲間になったキャラは風属性ランスロット、マキュラ・マリウス、ガンダゴウザのみ。あとはゴールドムーン5個。蒼光の御印300個はシヴァと交換して終了です。ちなみにSレアキャラはスカルただ一人でした。

300連でこれだけとは

 10連ガチャ30回でこれはあまりに酷いと思います。2年前にゾーイを取りに行ったときも相当悪い内容でしたが、あの時はゾーイを取りに行くという明確な目標があり、そして達成できたので、まったく不満はなかったのです。しかし今回は、終わってみれば何が狙いだったのか自分でもよくわかりませんでした。そこになぜ300連分も投じてしまったのやら。やはり本当に欲しいキャラを狙いにいくのでなければ動くべきではありませんね。今度こそ肝に銘じました。

 交換はエウロペかシヴァかで迷いました。水属性は杖を得意武器とするリリィとマキュラ・マリウスがいることもあり、ここでエウロペを選ぶ手もあったと思います。ただ近いうちのエッセルの最終上限解放が現実的になってきたため、火属性のシヴァのほうが楽しめそうかなと考えました。今回のガチャの目玉でもあるグリームニルは300連中で出なかったのでどうしようもありません。次もし交換する機会があるのならエウロペを優先しますので、しばらく仲間になることはないでしょう。残念。

 しかし300連ガチャで実質マキュラ・マリウスとシヴァだけか・・・。これだったら年末のシヴァ&アテナのグランデフェスのときに260連でアテナを狙いつつシヴァを取りに行けば良かったな。ままならないものです。

参加賞でヒヒイロカネ交換できた
 勘違いしていたようで、参加賞の勲章30個でヒヒイロカネ交換のところまでいけました。個人的に今回の古戦場はこれにて終了です。

 今回から仕様が少し変わり、序盤の貢献度とグラッジチャンク集めがかなり簡単になっていました。

 まず、討伐章報酬に"貢献度"があるため、戦力の乏しい初心者でも救援だけで結構な貢献度が稼げるようになっています。これによりソロ騎空団の本戦進出は相当難しくなるはず。前々から運営のプレイヤーを騎空団単位に集約させたい意図は感じられていたので、これもその一環なのでしょう。私はひとり気楽に遊んでいきますけどね。

 そして新EXTREME+のグラッジチャンクドロップ数が前回までの2倍以上になっています。つまり前回までと同じ貢献度でよければ、エリクシールハーフを湯水のごとく使わなくても大丈夫になりました。しかし現実には競争が激しくなるだけで、結局凄まじい消耗戦になるだけだろうとは思います。

 そういえばブックメーカーが今回の古戦場を以って終了してしまいます。所持ベッティングカードは352枚、そのまま持ち越せば宝晶石3520個になります。しかし100倍のところに50枚ずつかければ5000個になる可能性が高いですから、持ち越しする手はないでしょう。私は別にゼロになってもかまわないと思っているので、一度の機会に一点~三点に絞って賭けてしまうつもりでいます。忘れなければ、ですが。ここで12000枚(ガチャ40回相当)増やせるようなら今回のグランデフェスに手を出しても良さそうですけどねえ。う~ん、まだ迷っています。グランデフェスが終わってから最後のブックメーカーが始まるのもタイミングが悪いです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.