フェリ欲しかったけど
 レジェンドシリーズにフェリが来ました。いつか来るだろうと予想はしていましたが、メインクエストの進行にブレーキがかかり、当分フェリの出番はないものと期待感ゼロでいました。

 昨年のうちに実装されていれば間違いなく取りに行っていましたが、ここはスルーします。今回のレジャンドガチャの出現率は、フェリが0.250%、ヘルエスが0.450%、召喚石マルドゥークが0.500%。これではせっかくSSレア枠を引いてもフェリが出る確率は低いです。しかも今月のレジェンドフェスにはアンチラがいません。飛びつくには条件が悪いので、機会を待つことにします。

 今日から始まった、どうして空は蒼いのか part.III、あまりにつまらなくて逆にびっくりしました。運営が最も力を入れてくるであろうイベントが、まさかここまで下手なものになっていようとは。序盤まったく要領を得ないため、意味もわからず読み進めていくしかなく、とにかく辛いです。勢いで読ませる第4話あたりからは面白くなってくるのですが・・・。そこに辿り着くまでに飽きていました。

 空の世界の命運を賭けた戦いに、集ったのはファータ・グランデのいくつかの小国(の騎士団および騎空団)のみ、いくらなんでも不自然すぎます。ここは堕天司と天司+グランサイファー組の、対立構造としては小さなものにまとめておけば無理がなく、序盤のたるい展開も避けられて一石二鳥だったはず。どうしてもランスロットやノイシュらを登場させたかった意図を感じますが、物語を損ねてまでして強行する意味はあったのか、甚だ疑問です。

 後編は3月7日から。ここまで出番のまったくない特異点の、何かしらの活躍があると期待して待つことにします。

白竜鱗集めはもう飽きた・・・
 ここまでに白竜鱗は550個、まずは天星器11セットの属性変更に必要な分だけ確保できました。別にたいした作業ではありませんが、単調故にすぐ飽きてしまう問題に直面しています。ここからさらに22セット分、1100個集めるのは気力が続かず無理でしょう。十天衆最後のふたりを最終上限解放するのは来年以降でしょうから、ここであまり頑張る意味はないと割り切ることにしました。ただ、キャンペーン限定クエストは残り10日間あるので、少しでも上乗せできればと思います。

 復刻の失楽園のほうはデイリーミッション以外やっていません。このまま終わるのを待ちます。

実質白竜鱗集め用のクエストになってる
 キャンペーン限定クエストのAP0分はあっという間に終わってしまいました。それでもめげずに続けてみるとAP15でもエリクシールハーフは減るどころか増えていき、300戦弱で白竜鱗は190個も集まりました。前回の同じクエストとは比較にならないほど出易くなっていると思います。しかし必要な数はあと1400個強・・・。キャンペーン中に全部は無理でも1000個は上積みしたいです。

まだ記憶に新しい失楽園が復刻
 失楽園が復刻!ですが、今回は8割がたスキップして終わらせてしまいました。ここのところの立て続けのサイドストーリー追加やタイトなイベントスケジュールには付き合いきれなくなってきました。

 キャンペーン限定クエストのAPが0なので、しばらくはこれだけ、ちびちびやっていこうと思います。ここで少しでも白竜鱗を上積みできれば、その分だけ今後が楽になります。白竜鱗は意図して狙っていかないとまったく集まらないのが辛い・・・。必要性の高さの割りにドロップする場面が限られすぎだと思います。

このハデスは手抜きだと思う
 古戦場最終日のスペシャルバトルはハデスでした。開発が突貫して行われたのか、単にコストをかけられなかったのかは知りませんが、ほぼ棒立ち状態のつまらない相手です。特筆するところはまったくありません。

地味なハデス

 九界琴は結局11本集まりました。11本目は戦貨の端数で運良く当たりラッキーです。これで残りは25本、最近のペースなら余裕でしょう。

 天星器自体だいぶ揃ってきていて、手付かずは四天刃と八命切だけ。どちらも0本からのスタートとなりますが、九界琴の残りとあわせても古戦場3・4回で終わりそうです。天星器集めも年内で卒業か。

次の十天衆はニオ狙いに変更
 古戦場も本戦4日まで無事終了。1勝3敗ながら戦貨は当初の目標を達成できました。それにしても本戦1日当たり戦貨8000枚は正直きつかったです・・・。私の戦力だと6000枚が適当かな。そのペースでも個人ランキング報酬は勲章50枚を維持できそうですから、次回からはもう少し手を抜くことにします。

 次の天星器はニオ狙いの九界琴にしました。まったく個人的な話ですが、もし次の古戦場および四象降臨が4月に同時開催された場合、結構な確率でヒイロカネが2個入手できることになります。そこでニオを仲間にしてから最終上限解放まで一気に進めてしまうのが賢いのではないかと考えました。手持ち風属性パーティにあまり不満はないものの、やはりいつかはゾーイ入れての開幕コンジャクション頼みを解消しなければなりません。そのタイミングがこの4月ではないかと思い至ったわけです。

 とはいえ実際どうなるかはわかりません。次の古戦場でのヒヒイロカネ交換は確定的ですが、仮に四象降臨が開催されても在庫の追加がなければそれまでですし。ヒヒイロカネ1個だけなら当初の予定通りエッセルの最終上限解放を優先するつもりです。

もうエリクシールハーフに余裕がない
 古戦場本戦1日目は夜の部を丸々残して上がってしまいました。ここ2回の古戦場とは違って、気軽に周回するにはエリクシールハーフの在庫が厳しい状態にあります。

 しかし五神杖は現時点で残り6本。これはもう間違いないでしょう。ここから本戦3日間を戦貨6000~8000枚のペースで進めていけば次の天星器も5~8本分にはなりそうです。今回はこれで妥協したいと思います。

 忘れかけていたサイストアのバレンタインキャンペーンの申し込みを済ませておきました。結局3キャラ分、2172円で止めておきました。昨年の7キャラ分2100円と比較してしまうと割高感が凄まじく、あまりお金を使う気になれませんでした。でも去年が大赤字だったのであれば仕方ありませんね。当然の値上げだと思います。

五神杖が揃うところまでは頑張りたい・・・
 今回もちょっとだけ早めに予選を上がってしまいました。前回と同じく貢献度3000万で終了です。しかしグラッジチャンクの残りがかなり少なくなってしまい、本戦はすでに勝負にならないと思われます。

シャルロッテもクビラも強くて割と楽

 前回の開幕デス&コンジャクションに比肩する大技は今回ありませんので、だいぶ苦しくなるかなと考えていました。しかし実際はHELL90を5ターン前後、リロードなしで3分かからない程度での周回が可能でした。

 HELL90ではソーンを外し、シャルロッテ、ゾーイ、クビラで戦ってみました。シャルロッテが強いのはわかっていましたが、クビラもなかなか使えますね。まあHELL90はどんな編成でも難しくなさそうですけど・・・。

 とりあえず五神杖の残り26本回収までは頑張りたいと思います。この古戦場を乗り越えても何もないので、モチベーション減少との戦いとなります。

ランク200に到達!
 光属性有利の古戦場が始まりました。3週間前に闇有利古戦場が終わったばかりなのに、厳しいスケジュールが組まれています。

 この記事を書いている時点で貢献度は700万、ランキングは18500位。前回なら予選落ちするペースです。今回ある程度頑張っておかないと、次回でのヒヒイロカネ交換に手が届かなくなってしまうのが辛い。明日頑張って巻き返しを図りたいと思います。

たいしたことない強さ

 そしてその古戦場の予選中にランク200に到達。ランク上限を225に引き上げるクエストはアルティメットバハムート戦でした。でも、プロトバハムートをひとりで倒しきるより簡単な難易度になっています。せっかくの節目の一戦、もう少し強い相手でも良いような・・・。

脇役の退場が早すぎたのが惜しい
 サイドストーリーに追加されたロミオイベント、結構面白かったです。悪役の亡霊が一番無念だったろうなというオチでしたけど。

 私はSSレアのロミオもジュリエットも仲間にしていて、フェイトエピソードもすでに確認済みだったのですが、最初は今回のイベントとフェイトエピソードが繋がらない内容だったのは意外でした。さらに続編がある、ということのようです。

 それにしてもマキューシオとティボルトがあっさり凶弾に倒れてしまうのが惜しいですね。別に彼らが死ななくても話の進行になんら支障はなかったのに・・・。この展開なら終盤ふたりを共闘させたほうが間違いなく盛り上がったでしょう。そもそもこのイベント、シェイクスピアのロミオとジュリエットとは前半だけ、しかも大枠でしか重ならない話なのですから、それに倣ってふたりを退場させる必要はなかったと思います。最後はロミオとパリスに集約させたかったのかもしれませんが、彼らの魅力はマキューシオとティボルトに及ぶものではありませんでした。

 まあでも総じて良くまとまっている内容で楽しめました。前半の章は良い意味でボリュームがなく読みやすく、後半の章はボリュームを増して話を盛り上げようと上手く試みられていると思いました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.