ボリューム多すぎて溺れそう
 唐突にティアマト・マリスHLとアーカーシャHLが実装されました。どちらもかなりてこずる難易度で、これを周回させようというのですからまいってしまいます。

 アーカーシャHLはプロトバハムートHL発見者討伐成功をしていないと戦うことができませんでした。タイミング良く18連戦の募集があったので、飛び入り参加してプロトバハムートHLはおしまい。失敗はなかったものの1時間半かかりました。

 ティアマト・マリスHLはファランクスとスロウがあればクリアはまったく問題ない難易度ではあるのですが、MVPを取りたい人たちが途中で攻撃寄りに編成を変えてしまい、無駄に苦しめられました。自前のエリクシールは使い放題なので、ケチらなければ失敗はないはずです。

 アーカーシャHL18連戦にも参加しました。しかし9戦あたりでまさかの失敗。私はうっかり離脱して退出扱いになってしまいました。ロビーの共闘で全滅した場合、どう対処すればよかったのか経験がないのでわかりません。他の参加者に迷惑かけてしまって申し訳ないです。自分の番もまわってきていなかったので、ひとり頑張ったのに損しただけで徒労感が凄まじいです。

アーカーシャHL

 この一戦は緊張感が緩むタイミングだったのか、HP15%あたりで全滅者続出、私が最後の1人となってHP1%まで削るもあと少し届かず、という展開でした。発見者も復活して戦っていたにもかかわらずダメでした。こちらも貢献度を稼ぎたい気持ちはわかりますけど、滞りなく連戦を進められる程度には集中して欲しいです。

 それにしてもティアマト・マリスHLでトレジャーを集めてアーカーシャHLに挑む、この過程は必要だったのか・・・。武器5種の交換に必要なトレジャー150個が集まった人からやらなくなるような気がします。野良の1戦はまだしも、18連戦は無理でしょう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.