間を開けずに続編を出して欲しい
 サビルバライベントはまさかの未完でした。しかもサビルバラの活躍自体あまりなく、八割がた回想してるだけという・・・。続編を作る余地を残しておきたい運営の事情もわからなくはありません。しかし、コルウェルを直接討つことは叶わず、妖刀も折れず、カラクラキルも救えず、いくらなんでもサビルバラに良いところがなさすぎです。

 シナリオのボリュームを考えれば、コルウェルは早々にカラクラキルに討たせて退場させるべきでした。そしてサビルバラとカラクラキルの妖刀をめぐっての対立を話のメインに持ってきていれば、仮にまったく同じ結末でももっと余韻のある内容になった思います。それでなければ今回はコルウェルに焦点を当てつつ話を締め、カラクラキルは続編へ持っていく手もあったのではないでしょうか。続きをやる前提であれば、ですが。

 とにかく回想シーンが多いので、最初からすべて終わったことをサビルバラが回想するだけの話にしても良かったかもしれません。いずれにせよ、声優の演技が素晴らしいだけに点睛を欠いているのが惜しいです。

 スペシャル人気投票が開催され、投票上位のキャラのスキンが実装されるそうです。でも正装系のスキンはいらない・・・。実用性の高いものが欲しいです。出来の悪い編成アイコンを差し替える程度で十分なのに、なぜ誰も彼も着飾ってしまうのか。

召喚石黒麒麟も揃った
 時間的にこれでおしまいの30連戦で黒麒麟のアニマ24個と召喚石黒麒麟が2個ドロップ。最後の最後で運が向いてくれました。アニマはともかく召喚石は無理だろうと半ば諦めていたので嬉しいです。これで武器6種の最終上限解放が終わり、召喚石2種とも揃う満足いく結果となりました。

 今回の30連戦の参加者は温いというか、やる気のある人があまりいなかったようで、ずっと2~4位でした。1位の人はぶっちぎりで固定、その下4位までの3人が終始テキトーに争ってる感じ。終わるまでに1時間もかかりました。もうやりたくはありませんが、1戦あたり宝箱がプラス1個される旨みはとても大きかったです。

デスからのチョークチェイサーが強い

 黄龍・黒麒麟HLの上位は例外なくウォーロック。全員チョーク・チェイサーを使っていると思われます。私はさらに開幕デスを使い4ターントリプルアタックを確定させ、サブからメインに出てきたゾーイにコンジャクションさせていました。黄龍の無属性攻撃はコンジャクション1ターン目の吸収でHP3000を超えるように調整しておけば耐えられます。喰らった弱体効果は自前のクリアオールで外していました。これで1戦6ターン前後、演出待ちで手間取らなければ貢献度68万以上でした。毎回やっていることは同じなので、何戦しても貢献度は似たような数値でした。

黒麒麟のマグナアニマが出ない・・・
 黄龍・黒麒麟HL30連戦もなんだかんだで進み、5セットの最終上限解放を終えたところ。30連戦の半分程度は6位入賞するようになってから、トレジャー集めは楽になりました。しかしドロップが明らかに黄龍側に偏ってしまい、6セット目の最終上限解放には黒麒麟のアニマがあと15個分も足りません。今夜中にもう1回分の四象金印を集めて、今期最後になるであろう次の30連戦に賭けたいと思います。

 召喚石も黄龍は1セット完成したものの、黒麒麟のドロップは1個止まり。残り2個のために30連戦を続行するのは無理あるような・・・。武器6セット完成までに揃わなければ、召喚石黒麒麟については倉庫で永遠の眠りについてもらうことになるかもしれません。

 初めてスキルレベルを20にしてみましたが、武器2セット分だけで倉庫の強化素材用武器が3ページ分吹っ飛んでいきました。残り4セット分の強化素材のことを考えると、日頃使わない武器にまで手を出す必要はないのかなと思えます。でもスキルレベル3にした強化素材用のSSレア武器を貯めこんでおけば、スキルレベル20にすること自体は難しくありませんでした。マグナ討伐戦をさぼるなということなのでしょうね。

未だに周回していた時の記憶がある・・・
 サイドストーリー入りした"神境にて辿る跡"、なつかしいです。ここで風神の剣が揃わなかったら今は遊んでいなかったであろうイベントでした。久々にプレイしてみるとボス前2戦の雑魚編成すら未だに頭に浮かんできます。記念に1個だけ確保しておいた召喚石風神・雷神は、エレメント化せずにいまだに手元にあります。でも今では単にクリアしさえすれば1セットぽんと貰えてしまいますね。

サイドストーリーで貰えるスキン

 このサイドストーリーでゼタのスキンも貰えますが、編成画面のアイコンが変わるだけのようです。パーシヴァルのスキンはSDのエフェクトが一部省略されて軽くなるので、ゼタにもなにかあるのかと期待したのですが、なにもなさそうでした。

イスタルシアを目指す旅が見たいだけなのに・・・
 メインクエストが追加されました。率直に言って新章の前3つはつまらなかったです。見たいのはイスタルシアを目指す旅。それなのに、何がしたいのかさっぱりわからないロキや真王を前面に出されても興味の持ちようがありません。打ち切り同然で終わった暁の空編と同じ轍を踏んでしまっているのが気になります。

 しかし今回、最後の章だけは面白かったです。ついにヴァルフリートの口からビィくんとルリアの正体が明かされました。リーシャが合流しそうな一方で、カタリナが一時的に離脱しそうな気配・・・。フェリは登場しなかったので、この年末年始のリミテッドシリーズ入りはなさそうです。シトリのその後も不明。

 せっかく空の世界に戻ってきて、さあこれからだと思った矢先に水をさす展開に呆れはしましたが、最後の最後でかろうじて関心を繋ぎとめてきたのには良くも悪くも感心しました。

仕方なく30連戦してみた・・・
 黄龍・黒麒麟HL30連戦やってみました。40分と少しかかりました。1日1回、それをあと数日続けるだけだから・・・と自分を誤魔化してがんばってみます。

 ドロップは発見者宝箱が黄龍のマグナアニマ、あとは黄龍および黒麒麟のアニマが11個ずつ、黄金の札が80枚、黒曜石の札が60枚、召喚石の黄龍が1個、以上となります。ドロップ内容に大きな変更がなければ、とにかく30連戦3回参加すれば光属性と闇属性の武器1本ずつ、最終上限解放可能なところまでは持っていけそうです。今回の四象降臨は29日21時までありますから、あと2回分の四象金印は問題なく集まるでしょう。たぶん。

 ギルガメッシュHLをやる暇は当分なさそうです。

シスも最終上限解放
 在庫が追加されたヒヒイロカネでシスの最終上限解放を済ませました。

シスの最終上限解放も済ませた

 ハロウィンマカロンとラジエルの書を使えば10秒掛からずレベル100に持っていけますが、それではリミットボーナスがついてきません。来月あるであろう(と勝手に予想している)AP1/2キャンペーンを待つことにします。

 十天衆最終上限解放はこれで5人目となりました。ここまでくると特別な感想はありません。ああやっと折り返し地点か、くらいですね。6人目に予定しているエッセルまではなんとかやり遂げたい、と思っています。しかしそこまで遊び続けているのか、本当にわからなくなってきました。ひとつきっかけがあれば止めてしまいそう。まあどんなゲームでも2年も遊べば飽きて当たり前だと思いますけど。

30連戦はもうやりたくない・・・
 黄龍・黒麒麟HL、試しに1戦してみましたけど・・・。あっという間に倒されていきました。

 そしてまたマグナアニマです。黄龍武器と黒麒麟武器の最終上限解放にはそれぞれ黄龍のマグナアニマあるいは黒麒麟のマグナアニマが3個ずつ必要です。さらにそれぞれの札束も10個!札にして50枚。相変わらず30連戦前提のバランスでうんざり。もういいやとも思います。ただ、手持ち黄金の札は108枚、黒曜石の札は91枚と、それぞれ武器1種ずつまでであれば最終上限解放は遠くないので、一応そこまではやってみたいと思います。

 先のブレイブグランウドといい、運営自身、まともなコンテンを生み出せないことに苦しんでいそう。

何も考えずに戦えるギルガメッシュHL
 少し休んでから、と言いながら他にやることもなかったので、ギルガメッシュHLに挑戦してみました。半分削るのにリロードなしでちょうど10分、特に難しいところはなさそうです。今回アローレインを持っていきましたが、クリアオールのほうが良いかもしれないと少し迷う程度の難易度。カー・オンHLと違って救援者に(結果的に)邪魔されるようなこともありませんし、力押しだけで倒せる普通のマルチバトルです。

 この一戦を終えた時点でギルガメッシュのアニマは36個ありました。アニマ100個までに武器3本集められたらと思います。

 明日から四象降臨。黄龍・黒麒麟HLと戦うには四象金印2個が必要であると公式から告知されました。私自身、四象武器はすべて回収し終え、4種3本すべてにスキル付与済み。ヒヒイロカネの在庫が増えない限り、もはややることがない状態でした。おそらくそういう人が増えたからこそ、四象金印2個という重いトレジャーを要求することにしたのでしょう。それに見合うだけの内容であって欲しいものですね。

次で十狼雷も揃いそう
 古戦場終了。十狼雷もそれなりに集まり、手持ちは3セット+8本となりました。8本は個別にスキルレベルを上げて次回に備えておきます。残るは24本、つまり6セット相当なので、今回と同じペースでいけばそれほど苦しまずに揃う計算です。

 本戦は全敗でした。何気に全部負けたのは初めてかもしれません。泥仕合に陥ってまで勝ちに行くほどの報酬ではないことに加え、今回はとにかく天星器目当ての古戦場だったので、終始予め決めておいたペース通り動いていました。

 スペシャルバトルのゼウス、Lv60は楽勝でした。前回水属性で挑んでちょっと失敗したかもしれないとの反省から、今回は素直に闇属性で挑みました。途中落とされたゾーイを蘇生薬で復帰させた程度で、手間取ることもなく一戦が終わりました。

今回のゼウスもたいしたことない

 最終上限解放前というのもありますが、現状のシスはただ攻撃力が高いだけ、それだけです。その攻撃力もダメージ上限で抑えられてしまうのであまり意味がありません。この程度の強さでしたら、奥義効果にパーティ全体幻影付与があっても良いくらいですね。これが最終上限解放後でどう変わるのか・・・。あまり変わらないような気もしますが、楽しみです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.