ミトロンの弓1セット揃った
 今月2本目のミトロンの弓が出て、やっと1セット揃いました。でも最終上限解放については保留中。やっぱりメタトロンのアニマ集めが面倒すぎますね・・・。まあメタトロンやアバターはHPが多い分、貢献度を稼ぎやすいのでまだマシですけど。今は特にゴッドガード・ブローディアが5月頃の異常な状態に戻ってしまい、武器どころかアニマすら拾う機会が少なくなってつまらないです。

今月2本目のミトロンの弓

 正直なところ、ミトロンの弓よりも宝剣が欲しくなってきました。最終上限解放をしなくても5本、せめて4本集まれば光属性でも開幕コンジャクションが機能します。そこにフェリのヒン・リヒテンを合わせて4ターンのトリプルアタック、結構強そうに思えますけど実際どうなのか。試してみたいところです。

 ポーチャーズ・デイの召喚石ンニはぎりぎり揃いそう。ここまでドロップはひとつもありませんが、トレジャーを温存して4個交換するのに必要な分をかき集めました。レアドロップはプシュケーばっかり。このうち1個でもンニだったらずいぶんと楽できたのに。

新章、星の旅人には期待したい
 3ヶ月ぶりのメインシナリオ更新!新章、星の旅人編が始まりました。残念ながら2章分しか追加されませんでしたが、この先の展開が期待できる内容でした。とりあえず空の世界に戻るというわかりやすい目的があるからか、話が早いです。

 この新章ではフェリが登場することがPVから明らかになっていますので、リミテッドシリーズで来る可能性が高いです。これは欲しい。ただ、メインシナリオは2ヶ月ごとの更新ですから、年内に登場する可能性は低いです。フェリが来るその時まで、このゲームを続けているのだろうかとも思いますが・・・。でもいつ来てもいいようにガチャ300回分は温存しておくことにします。

 手持ちはガチャ757回分になりました。この夏にガチャ300連するかどうかまだわかりませんが、ここでしなければ年末までしないでしょうね。

1年経ってみると面白かった
 復刻のポーチャーズ・デイ、結構面白かったです。昨年の自分の記事を見返してみる不評でしたが、この1年で登場キャラへの理解が深まった分だけ楽しめたのかもしれません。登場キャラ数が多いものの、倒すべき敵に視線が向けられているので話がわかりやすいです。改めて敵役の重要さを感じさせる内容でした。たぶん、ですが、オイゲンの声が今回の復刻で追加されています。

 古戦場終了直後ということもあり、トレジャー交換のための周回が億劫です。エレメント化してすでに手元にない召喚石ンニを取り戻したかったのですが・・・。

 十天衆の水着スキンは購入しません。水着含めた季節モノは使いどころが限られているので、すぐに使わなくなるのが目に見えているからです。せっかく販売してくれるのでしたら、ゾーイのオフェンス・オブ・コスモスのような、バトルコスチュームの別バージョンスキンにして欲しいです。それはガチャで、ということなのかもしれませんけどねえ。

水属性有利の古戦場はつらそう・・・
 結局一伐槍は6セット+2本集まり、計8セット+2本になりました。思いの外いけたと思います。しかし次の古戦場は水属性有利、今回の風属性のような爆発力がないため苦戦は免れないでしょう。それでも残り2セット+2本ですから、大丈夫だと信じます。

 古戦場本戦は最後の2戦が事実上の不戦勝となり、終わってみれば2勝3敗、さらに個人ランキングが7万位内に引っかかったこともあり、勲章が340個にまで増えました。次とその次の古戦場で本戦進出を果たせばそれだけで計450個、ぴったりヒヒイロカネと交換できます。このヒヒイロカネ込みの3個でウーノ以外の十天衆を取りにいく手もありますね。4人目を誰にするのか、本当に決められません。

 古戦場期間中にシュヴァリエソード・マグナ7セット目の1本目が出ました。シュヴァリエ・マグナの発見者宝箱からです。6本目の時点でもそうでしたが、7本目の必要性は感じません。武器枠に並べられたシュヴァリエソード・マグナを眺めて悦に入るくらいか・・・。

EXTREME+で出るのか・・・
 古戦場EXTREME+から天星器の五神杖が出ました。天星器が直接ドロップしたのを見たのは初めてです。エリクシールハーフ200個も使っていれば当然か・・・。一伐槍は現在4セット分まで確保しました。

天星器ドロップ

 本戦自体はここまで全敗。やはりひとりでは歯が立ちません。

 個人ランキングは初日こそ2万位台前半でしたが、今は3万位台にまで落ちました。明日のHELL100追加で下から一気に来るはずなので、最終的には最低限の12万位内に落ち着きそうです。目標はあくまで一伐槍5セットもしくは6セット集めることで、個人ランキングはその結果ついてくるものだと割り切っています。

順調に集まってきた
 本古戦場で一伐槍3セット揃え、計5セットまできました。残り3日で+3セットいけそうな気もします。それにしても、やはり時間は相当かかりますね・・・。無理なくいくなら古戦場3回を通して4セット+4セット+3セットが良さそうに思えます。気長に3セットx3回+2セットでも良いかも。

 ここまでは順調ですが、深く考えずに一伐槍を選択したのは失敗でした。ウーノが嫌なわけではありませんが、一応の次の候補だったシス、エッセルともう少し比較して選ぶべきでした。特定の天星器11セット揃える手間を考えると、途中でやっぱりこっちにしようというのは現実的ではありません。実際に集め始めて思い知らされました。

ぎりぎりで古戦場本戦へ
 古戦場本戦進出となりました。やはりスルーした最後の2時間でかなり迫られていました。

 ヒヒイロカネの在庫が2個になったので、十天衆獲得から最終上限解放までをヒヒイロカネ2個で賄える天星器10セットエレメント化コースを取ってみることにします。すでに2セットある一伐槍に、今回は5セット、次回4セット上積みして計11セット。エリクシールハーフと時間をケチらなければ、戦力的には十分いけるのではないかと考えています。

 一応一伐槍のウーノ狙いということになりますが、仮に一伐槍が11セット揃っても変更する可能性はあります。4人目の十天衆、誰にしようかと未だに迷っています。持っていない属性の十天衆が良いのではないか思い、水属性のウーノかカトル、火属性のエッセル、闇属性のシスが候補なのですが・・・。印象がなさすぎて決め手に欠けます。

微妙に武器のドロップが良い
 古戦場予選は早くも疲れたため、終了2時間前に上がってしまいました。一応現時点での予選突破ラインより貢献度600万ほど上にいますが、2時間あれば余裕でひっくり返される程度の差でしかありません。さてどうなりますか。

いまさらテュロスビネット

 週明けの栄誉の輝き稼ぎ(ただの野良の救援)で2セット目1本目のテュロスビネットが出ました。半月前に出ていてくれていればなあというところですが、2セット目の足掛かりができたと前向きに捉えておきます。

2ヶ月以上でなかったブローディア武器

 そして今日はニーベルン・クリンゲが出ました。ゴッドガード・ブローディアから最後に武器が出たのは、少なくとも2ヶ月以上前のこと(最後がいつだったのか記憶にない・・・)。半ば諦めていた中で1本出てくれて嬉しいです。まあでもこの調子ではドロップだけで集めるのは到底無理そうですね。

 あとアーカルムの転生でオールド・コルタナ3セット目の1本目が出ました。これがオールド・エッケザックスかオールド・オベロンだったらなあ。

テスカトリポカが相手の古戦場
 風属性有利の古戦場イベントが始まりました。お相手はテスカトリポカ。私がガチャで引いた初めてのSSレア召喚石だったこともあり、思い入れもあります。まさか戦うことになるとはねー。

なかなか格好良いテスカトリポカ

 見た目はなかなか格好良く、四象の白虎より強そう。でもHELL90はたいしたことありませんでした。リロードなして3分切るかどうかです。

ユイシスのかばうでしのげる

 強烈な多段攻撃が多めながら、ユイシスの"かばう"ですべて受け切れます。すごい!と思ったのも束の間、グリームニルのバリアでも余裕で受け止められることに気づいてがっくり。

 本戦未進出の場合、今回からデイリーミッション報酬の勲章が貰えなくなりました。前回までは敗北前提でCクラスに這い上がるよりも、あえて本戦に進まないほうが勲章が稼ぎやすかったので、当然の見直しだと思います。でもやっぱり貰えたものが貰えなくなるのは痛いですね。しぶしぶですが、今回は本戦進出を目指してみます。きつそうならさっさと諦めます。

シュヴァリエソード・マグナ6セット目完成
 シュヴァリエソード・マグナの6セット目が完成しました。普通にシュヴァリエ・マグナから出ました。

6セット目完成

 せっかく揃ったものの、メインで遊んでいるスパルタの場合、差し替え対象が黄龍槍とバハムートダガー・フツルスの二択しかありません。フェリを使う限り黄龍槍は非常に強力なので、バハムートダガー・フツルスを外すことになりそうです。差し替える価値があるのかどうかは不明です。

 セージの場合は無垢なる竜の剣の変わりに入っているレベル60のミトロンの弓、差し替えるならこれしかありません。が、やはりミトロンの弓の渾身(中)より価値があるのかは不明。とにかく武器レベルを150にしてみないことには何もわからないですね。シュヴァリエソード・マグナの必要性もずいぶんと下がったものです。

 6セット目はたいして欲しいと思わなかったのが良かったのか、3ヶ月かからず揃いました。もはや使うかすら怪しい7セット目もこの調子で揃って欲しいものです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.