ソード・オブ・コスモスBLを使うことにした
 5セット目のシュヴァリエソード・マグナがレベル150になったので、以前から考えていたソード・オブ・コスモスBLを組み込んでみました。結論から言うと、バランスタイプのキャラがいるなら使うべき武器でした。HPも1500近く増えました。

 武器編成はシュヴァリエソード・マグナ5本、無垢なる竜の剣1本、ソード・オブ・コスモスBL1本の剣7本、そしてフェリのためのバハムートダガー・フツルスを加えた計8本までは確定しています。あとは黄龍拳と真・道天浄土のどちらを残すかで迷いました。

 真・道天浄土を残しての剣8本編成にした場合、通常攻撃1発あたりのダメージこそ1~3%程度低くなるものの、ソーンとフェリのダブルアタックが出やすくなった分でむしろ余裕でプラスになっているようでした。ただ、黄龍拳の闇属性ダメージ軽減がなくなったのが目に見えて痛いです。

 黄龍拳を残して剣7本編成にすると5~6%は低くなります。しかしこれでもダブルアタック次第でまだプラスです。黄龍拳の恩恵を考えるとこちらも有力な選択肢だと思います。好みなのは黄龍拳ですが、通常のマルチバトルで遊んでいる限り、黄龍拳がなくて困ることなどまずないでしょう。悩ましい・・・。

 ここからは余談。火属性でソード・オブ・コスモスBL含めて剣8本で使ってみると、これまた5~6%低くなりました。オールド・エッケザックスの基礎攻撃力の低さがもろに影響しています。HP増加分を考慮すると擬似的な攻刃(小)+守護(小)武器として見れなくもないですが・・・。これならブラフマンシミター(攻刃+守護+ダブルアタック確率上昇)を使うべきでしょうね。

 土属性で剣8本だと通常攻撃に差はありませんでした。これは差し替え対象がまだレベル40のニーベルン・ホルンだったことも影響しているはず。しかしクリティカルの出がニーベルン・ホルンのほうが明らかに良いので、実際は大差がつきそうです。

 バランスタイプのキャラがパーティにいない火属性と土属性では、ソード・オブ・コスモスBLを使う意味はありませんでした。コスモス武器によるステータスアップそれ自体はおまけのようなもので、あくまでスタンススキルが機能するように使うことが大前提の武器だと思いました。武器種統一など二の次ですね。

今回は引きに助けられた
 戦貨ガチャ6箱目240回で天星器を引いて、今回の古戦場イベントの目標達成です。おしまい。テュポーンは倒しやすい相手でしたし、戦貨ガチャも毎回引きが良く、比較的ストレスなく遊べました。

 現時点で個人ランキングは15万位程度。累計貢献度は8万位の人の半分もありません。累計貢献度報酬が1億までになった影響がこの結果に繋がってるとすると、もう二度と入賞することはなさそうです。

 明日からGWグラブルやろうぜキャンペーンが始まります。5日間と短めですが、単発無料ガチャが月末のレジェンドフェスと被るはずなので、良いもの当たったらいいなあと淡い期待を抱いておきます。あと栄誉の輝きの上限が倍になるのも嬉しいです。

1つ300円では安すぎた
 2月に行われたサイストアのバレンタインキャンペーンのお返し発送が6月にずれこむとか。3月のホワイトデーキャンペーンでは500円に値上がっていたのを見て、バレンタインのほうの注文数がとんでもないことになっていたのはなんとなく想像できていました。

 私もバレンタインキャンペーンだけ、いくつか注文しています。全部300円のもので、レナ、ゾーイ、ソーン、ユグドラシルそしてルリアあたり、お気に入りキャラの面々。書き下ろしのポストカードくらいは期待していますが、そんなにすごいものは期待していません。

 それにしてもこの有様では来年はなくなるか、値上げされそうですね。300円程度であればお返しの中身は届いてからのお楽しみにでもかまいませんが、500円以上になっても内容不明では、注文するのはかなり躊躇してしまいます。キャンペーンの趣旨からすれば内容は明らかにしづらいとは思いますが・・・。そのあたり、何か上手い手があると良いのですが。

 発送はもともと4月~5月頃とあったので、今回の告知がなされるまでまったく気にもしていませんでした。6月にずれこむからといって慌てる必要はなく、最終的に確実に手許に届けてくれさえすれば十分です。

全力でも本戦進出は無理だったと思う
 昨日の時点で戦貨ガチャは2箱目。手を抜くまでもなく今回本戦進出はなかったのに、手を抜きすぎてしまったようです。このまま天星器集めが中途半端に終わってしまうのを避けるため、2箱目からリセットしまくりで現在5箱目(の天星器が出たところ)。3箱目と4箱目どちらも最初の100連で天星器が出てくれて助かりました。エリクシール等、ほとんど逃しましたけど。6箱目の天星器が回収できれば、今回の古戦場イベントのとりあえずの目標は達成です。

 ヒヒイロカネ(の在庫)がひとつしかないので、当面十天衆は狙うことができません。一応いつでも動けるように、前回までにエッセル用に十狼雷を2セット揃え、今回はウーノ用に一伐槍の2セット目を集めているところ。十天衆は各々どのようなキャラなのかほとんど見えてこないので、ちょい役でもいいのでもっとイベントに出して欲しいですね。今のところソーン、シエテ、サラーサのフェイトエピソードで登場した十天衆の像しか手掛かりがありません。

コラボイベントなのに内容がない
 サイドストーリーに追加されたコラボイベント、サイコー!FANTASY ~理由あって、空へ!~ですが、本編は10分もかからず終わってしまう薄っぺらい内容でした。当時のものもこんなに短かったのでしょうか・・・。短くても内容があれば楽しめますが、これは単純に内容がなく、楽しめるところがまったくありません。既存ファン向け、ということなのでしょう。

 まあでもクリア報酬+称号獲得で宝晶石600以上、トレジャー交換で単発ガチャチケットが3枚回収できましたから、やる価値アリです。美味しい。

あと3本手に入れば・・・!
 オールド・エッケザックス5セット目1本目が出ました。5セットで終わりにするつもりなので残り3本。思えば遠くに来たものです。

あと3本で終わりか・・・

 しかし今月から、栄誉の輝きはアビススパイン(闇属性の杖)と交換していくことに決めていました。そして今月分は交換済み、その上で今現在栄誉の輝きは3300あるので、寄り道しなければ7月になってすぐアビススパイン1セットが完成する見込みです。案外早い。これが終わったらまたオールド・エッケザックスとの交換に戻るつもりでいますけどね。

 実は一昨日にもオールド・オベロン3セット目の1本目が出ています。こちらは単に余ったAPをマキュラ・マリウスに投じただけの1戦で、ドロップは頭になかったのでびっくりしました。3月以降のオールド武器ドロップ数が不自然に感じるほど増えています。昨年秋から戦い続けていたのが馬鹿みたい。

打ち切りだったのかも
 暁の空編、完結。この編は、終わってみれば緋色の騎士バラゴナの物語でした。

 しかしそれはあくまでも終わってみればの話。唐突にバラゴナの悲願が語られ、その成就がバラゴナから主人公に託される展開には違和感しかありません。バラゴナは主人公を絶対的に信頼していたのかもしれませんが、こちらからは信頼に値しないうさんくさい人物として描かれてきた彼の姿しか見ていないのです。彼は油断ならないが、間違いなく敵ではない、最終局面までにそこだけは確信できる何かがあれば、素晴らしく熱い展開になったと思えるだけに惜しいです。

 それ以外は(少なくともこの編では)すべて中途半端に終わってしまい、そうなるだろうとも予想していましたので、特に感想はありません。もしかして仕切りなおすための打ち切りだったのかなとは思いますが・・・。リーシャの合流が当面なくなったのは残念でした。

 次の編は最初から空の世界へ戻るという明確かつ大きな目的があるので、もう少しまともな話になるのではないかと期待することにします。ナル・グランデ空域の空図の欠片がまったく埋まっていないところからして、空の世界へ戻ってくるのは案外早いのかもしれません。

ここで闇晶のエレメントを稼いでおきたい
 光属性有利の古戦場が始まりました。前回はうっかり本戦進出してしまったせいで、勲章集めに無駄に時間を取られてしまいました。今回はそうならないよう、予選のうちはおとなしくしています。

テュポーン

 HELL90はSSレア召喚石にもなっているテュポーン。初見でも3分切りそうな勢いで倒せる程度には弱いです。HP50%手前ではソーンの麻痺は入らないようでしたが、麻痺などなくとも痛い攻撃はありません。おそらく4周年記念キャンペーンあたりで入ってきた新規の人向けの接待モードなのでしょう。闇属性召喚石ベヒーモスもドロップしますし、今回は比較的美味しい古戦場かもしれません。

忘れたころに出るシュヴァリエソード・マグナ
 やっとシュヴァリエソード・マグナ5セット目が完成しました。シュヴァリエ・マグナの発見者宝箱からです。

半年振りの1本

 過去記事を検索してみると、昨年9月29日の発見者宝箱から1本、10月2日の救援の準MVP宝箱から1本、シュヴァリエ・マグナからのドロップはこれを最後に半年以上止まっていました。それ以降はトレジャー交換の在庫分とアーカルムの転生、そしてメタトロンHLからのものだけ。いくらなんでも出し渋りすぎだと思います。

 引き続き6セット目も揃えたいところですが・・・。シュヴァリエ・マグナからは年内にあと1本ドロップするかどうかだろうと考えると、目標に据えるのはためらってしまいます。メタトロンの武器があまり魅力的でないので、結局シュヴァリエソード・マグナ集めからは逃れられないかも。

暁の空編も読み直すと面白いところはある
 暁の空編最終章は延期・・・。ちょっと残念ですけど、この機会にルリアノートを読み直して自分なりにおさらいしてみました。

 ここまで、暁の空編はあまり面白くないと漠然と感じていましたが、改めて見てみると、ダイダロイトベルトの星晶獣キクリの話までは面白かったです。蒼の少女編を経て、さてこれからの旅をどうするかとなってからの主要メンバーの新たなる決意が上手く描かれていました。

 しかし続くフリーシアの話が完全に番外編、これで本編の流れが悪くなりました。内容は良いと思うので、ここまで蒼の少女編でやっておけば・・・。そうすればエルステ王国の空図の欠片も無理なく主人公の手中に収まったはず。なんだか話を進ませたくないがための時間稼ぎエピソードのようにしか思えませんでした。

 あとはロキの狙いですね。なぜ主人公達をナル・グランデに飛ばしたのか。暁の空編最終章手前まできてもいまだ不明。そもそも舞台がナル・グランデに移ってから、主人公たちがいてもいなくても大筋で何も変わらない話が続いています。これでは面白いと思えなくて当然です。

 ここからどのような展開になるにせよ、主人公はあくまで星の島イスタルシアを目指している!という本道からあまり離れないように話を進めて欲しいです。残り数章で暁の空編が持ち直す可能性は低いので、せめて新章が盛り上がる取っ掛かりになってくれれば、と思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.