あまりひねらなくていいのに・・・
 ロボミZは明確な主人公を据えないで、壊獣と人類の戦いを俯瞰して楽しむイベントでした。案の定、ラスボスには止めをささず(させず)に自爆の流れ。ビィとルリアが話に絡むのも序盤だけ、せっかく復活したロボミも影が薄く、最大の見せ場だったダブルハイパーメガトンキックも決め手にならず、なんとも締まらない終わり方でした。

壊獣vs壊獣

 とはいえ、壊獣に改造されてなお壊獣に立ち向かったり、シリアスな話の中にも笑いありで面白かったところも少なくありません。一概につまらないとは言えない内容だっただけに、結末へのひねた流れが余計に気になりました。王道な展開のほうが良かったなぁ。

オールド・エッケザックス4セット目完成間近
 久々にオールド・エッケザックスが出ました。これが4セット目の3本目。来月の交換で4セット目が完成、目標の5セット目は交換だけでも8月中に完成することになりました。

久々のオールド・エッケザックス

 3セット目が完成した時、ここからは交換だけでも10月に揃うと記事にしてから、フラム=グラス討伐戦に対する熱意が急になくなりました。手間に見合う強さを感じませんでしたから、もう交換だけでいいやとなっていました。

 しかし召喚石コロッサス・マグナの最終上限解放の加護120%UPでクリティカルが目に見えて出易くなり、やる気が少しだけ持ち直しました。といっても討伐戦を再開したのは一昨日からですが。再開してから通算6戦目、早い段階でまずは1本出てくれて良かったです。シュヴァリエ・マグナからのシュヴァリエソード・マグナのように4ヶ月近くドロップなしだと、さすがにどうでもよくなってしまいます。

 フラム=グラス討伐戦、前半の火属性部分だけなら3分かからず削りきれます。水属性部分でてこずって、結局10分切るかどうか(切ることもある)。救援を出してもまともな人が来る可能性は低いので、今はひとりで倒しています。

 マキュラ・マリウス討伐戦は最終上限解放済みのサラーサがいることもあり、もはや10分かかることはありません。アビリティを使うのに時間を取られなければ7分程度でしょうか。こちらも救援を出さずにやっています。ただ、オールド・オベロンに対する関心が大きく薄れたため、この討伐戦をやる機会は減っていきそうです。

 せっかくのBP1/2でも野良に流れてくるものはマグナHLばかり、最初から救援任せのものばかりでうんざりです。付き合っていられないのでBPが溢れています。ソロ向けコンテンツでもBPを使って遊ぶ何かが欲しいですね。

サーヤが主役!
 サイドストーリーに名探偵バロワが追加されました。バロワは実際はわき役で、助手のサーヤがほぼ主役同然のお話。ミステリーモノとしての雰囲気は良く出ていて、大味ながらそれなりに楽しめる内容になっていました。

チャレンジクエスト

 ただ怪盗シャノワールを登場させた意味があまりない、いやまったくないと言っていい程度の存在感だったのが惜しいですね。シャノワールの助けもあって真犯人が判明する、そのくらいわかりやすい話でも良かったのではないかと・・・。共闘させたくなかったのかも。まあでもこの路線のイベントは割りと好みです。カジノのバニーがセリフ付きで登場していたのも◎。仲間になるサーヤも、ガチャのSレアサーヤよりデザインが良くてお得感がありました。

 サイドストーリーではない、復刻形式のロボミ外伝のほうは、うーん・・・。相変わらずボス格の敵に止めをさせないのですっきりしません。半ば人間であることを捨ててまでして壊獣と戦い続けたシロウを横目に、大門博士と和解する羅生門博士、この展開はあんまりです。

 そして次のイベントはまさかのロボミZ。今度こそ単純明快な悪を討つ話にして欲しいところですが、無理でしょうね。

マグナ召喚石の最終上限解放を成し遂げる
 週明け栄誉の輝きの上限が1000に引き上げられました。計算上オールド・エッケザックスが2週間半ごとに1本交換できますが、月1本制限は変わらず。新マグナ武器との交換には栄誉の輝き4000必要で、オールド・エッケザックスを交換した月は絶対に届きませんし、個人的には当面恩恵がありません・・・。

 メタトロンのアニマが100個相当(マグナアニマ1個含む)集まったので、召喚石シュヴァリエ・マグナの最終上限解放をしてしまいました。光晶のエレメントは無料ガチャで無駄に集まったSレアのピクシーで当面賄えると判断、金剛晶は温存しておきました。マグナ召喚石はどれも最終上限解放でデザインが安っぽくなるのが残念ですが、とりあえず一通り終えられて良かったです。何気にメイン召喚石のコロッサス・マグナが便利です。開幕で(敵の)防御ダウンと(味方全体の)バリアですから、ガチャの召喚石に負けていません。

 シュヴァリエソード・マグナは結局あの日の2本だけでした。レア度で言えば同程度のオールド・アルテミスは出たのですが・・・。光のクリスタルがまだ6個あるので、30連戦の募集があるうちに消化がてらに狙ってみます。それにしても、5セット目完成まであと1本となってみると、先日の記念放送でシュヴァリエソード・マグナが配布されなかったのが今更痛くなってきました。その代わり金剛晶の在庫が追加されたわけですから、決して悪くはないのですけどね。

 旧マグナ武器のさらなる上限解放については成り行き任せにします。野良の救援にちょこちょこ参加してみてのアニマの貯まり具合からすると、1年で1セット分は揃いそうなペースです。これが5セット前後必要になるわけで、初めから緩和を前提とした難易度になっているとしか思えません。

星の誘い
 ランク175になり、ランク上限解放クエスト"星の誘い"をこなして更なる高みを目指すことにしました。下調べなしの初見でクリアできたので、まあ普通にランク175まできた人なら難しくはないと思います。ただしょっぱなのリヴァイアサン・マリスにだけは敗北しかけました。

リヴァイアサン・マリス

 カタリナ、ルリア、ビィが帝都アガスティアでの戦いを振り返る形で始まる"星の誘い"。戦い自体はあくまで回想の中のものという体裁です。

 まずはリヴァイアサン・マリス。ディスペルがないと弱体効果をねじ込めません。私は見事に忘れてしまいましたが、そのまま続行。しかしバミュダルア・レイでフロント壊滅、最終的にはサブのメルゥとふたりで削りきっての薄氷の勝利でした。この一戦が一番危うかったです。 

ミスラ・マリス

 ミスラ・マリス。開幕でシヴァを使って守護結界を1ターン目に破壊できれば楽勝だと思いますが、シヴァを無駄に温存したため少し手間取りました。ミスラ・マリスの攻撃は温いので、長期戦でも問題なさそうでした。

リアクター

 リアクター。そういえばこんな敵もいたなあと思い出しながら、奥義ゲージが貯まったところでコンジャクションからのフルチェインでおしまい。HP40%強から撃ち込んで3チェイン目で削りきったので、HP60%あたりからでも倒せそう。

フリーシア

 フリーシア。4ターン目にフルチェインを叩き込んで残りHP17%。あとは適当に攻撃しただけ。リアクターとフリーシアは中盤以降の攻撃をすべてスルーできたからか、簡単すぎて面白みにかけます。

アーカーシャ

 アーカーシャ。懐かしい・・・。HPは多いものの特段強いわけでもありません。最終盤で仕掛けてくる"崩天"が無敵のつかないコンジャクションそのものなので、ここから手間取るようだと難しいかもしれません。

黒騎士

 黒騎士。ディスペルを持ち込まなかったため序盤なかなか削れず苦戦しましたが、3分経過で効果が消えてからはあっという間に終わりました。黒騎士は、う~ん、蒼の少女編の締めを飾る存在であるにもかかわらず、魅力はまったく感じませんでした。暁の空編では出番がありませんし、シナリオライターは黒騎士をどうしたかったのでしょうか・・・。

 全6戦、力押しで適当に戦うだけで終えられました。風属性と水属性パーティの出番がなかったのが少し残念ですが、あっても問題はなかったと確信しています。

 なにはともあれ、ランク175に見合う戦力はあると証明できて良かったです。

今日だけでシュヴァリエソード・マグナ2本出た
 無料100連ガチャは召喚石ケツァルカトルと被りの火属性ユエル(ゴールドムーン)だけでした。100連でこれは・・・、逆に凄いと思います。イシュミールが当たったと思えば被りのイシュミール(水着バージョン)も来たり、ソシエが当たれば被りのユエル、偶然とは思えない引きが続いて正直うんざり。まあ無料ガチャの不自然さを愚痴っても仕方ありませんね。

 22日に実装されたメタトロンHLとアバターHLは失楽園イベントとほぼ同じ内容でした。目新しさはありません。しかしHPが若干多めに設定されているようで、30連でも青い宝箱を獲得しやすいバランスに、あえてしてきたかのようで遊びやすく(アニマ集めしやすく)なっています。

メタトロンからも出る

 シュヴァリエ・マグナ召喚石とセレスト・マグナ召喚石、どちらにも金剛晶を使ってしまいたい誘惑に駆られます。ただ、メタトロンHLのほうはシュヴァリエソード・マグナのドロップが有り得るので、一応アニマを集めてみようと30連戦に参加しみたところ・・・。出ました。何ヶ月ぶりかのシュヴァリエソード・マグナのドロップです。記事を検索してみると昨年の12月5日を最後に、今日までの3ヶ月半、1本もドロップしていませんでした。そして、30連戦が終わった直後の野良メタトロンHLからさらにもう1本!シュヴァリエソード・マグナが1日、というか30連戦+1戦の30分程度で2本手に入りました。メタトロンありがとう。これで当面の目標である5セット目完成まで残り1本となりました。

 セレスト・マグナ召喚石は金剛晶を使ってしまいました。無料ガチャで手持ち召喚石を充実させることは叶わなかったこと、サモン・クレイドル交換の召喚石はどれもデザインが好きになれず金剛晶を貰うよりほかなかったこと、アーカルムの転生のポイント交換の在庫に金剛晶が2個追加されたこと、アニマ集めの30連戦はもうやりたくないのが本音であること等々、ここで金剛晶を使うことをためらう理由はありませんでした。

 長らく続いたAP・BP1/2も終わりかと思いきや、明日から初心者応援キャンペーンとしてまたやるようです。しかもメタトロンHLは1戦BP2になるのでシュヴァリエソード・マグナ集めのチャンス。ついでにアニマが集まってくれればと思えば気も楽です。

無料ガチャ最終日はお情け100連で確定
 無料ガチャは、昨日10連で火属性のソシエと被りアルタイル(ゴールドムーン)、そして今日は初めての30連でSSレアどころかSレアキャラすらなしのブロンズムーン1個でした。ただ、今日明日のガチャはボーナス(+1)付きなので、完全にハズレでも旨みがあるのが救いでした。ここで30連だったのは何気に大きいです。

 明日は無料ガチャ最終日、ここまで100連ナシなので確定100連となります。ボーナス+100と考えると、それだけでも大盤振る舞いですね。

イシュミール(スキン)

 今回当たった中では唯一文句なしのオリジナルイシュミール。このキャラは少し古めなのか、水着バージョンと比較してボイス(の演技)があまり良くありませんが、スキン用としてみれば十分。無料ガチャで当たってくれて本当に良かったです。

ユエルとソシエが揃った

 火属性ソシエ。水属性のほうがオリジナルのようですが、出会いのフェイトエピソードではちゃんと仲間になるところから語られていました。火属性ソシエは攻撃力が低く、ユエル共々ダメージが出にくいのが難点。どうせならふたり並べて起用したいところでしたが、それは火力は二の次、好き好んであえてするのでなければあまり上手くないようです。一応60%ダメージカット持ちなので、苛烈な攻撃をしのぐ必要があるところでは役立ちそうです。でもまあ、なによりユエルと揃えられたのが嬉しいです。

 とりあえず確定100連ガチャ前の段階では、この2キャラだけが引けてよかったと思えるものでした。本当に渋い・・・。やっぱり素直にサプライズガチャセットを買うか、蒼光の御印300個交換を目指して、好きなキャラを1本釣りするのが絶対に賢いと再確認する結果で終わりました。

残り2章でどうなるとも思えないが・・・
 暁の空編も残すは4章、うち2章が今夜追加されました。しかしまったく盛り上がるところがありません。残り2章で落ちがつく内容ではないので、次の編に持ち越しという形で終わるのでしょう。"暁"という言葉自体、夜明け前のことですし。次の編では夜が明けた、主人公達の話が大きく動いていくものだと期待したいです。まあまだ2章残ってますけど。

 ゼノ・コロゥ撃滅戦は交換4本目のトレジャーが揃うところまで続けてみたものの、結局ドロップなし。日程的にここから2本ドロップすることはないでしょう。切り上げることにします。

1セットは簡単に揃った
 グランデフェス最終日無料ガチャも10連・・・。100連よこせとは言いませんが、30連が一度もなかったのが残念でなりません。4日連続でSSレア枠がきたものの、今度こそ、よりにもよって被りのイシュミール(水着バージョン)でした。オリジナルのイシュミールを引いて安堵していたところにこの仕打ち。酷いです。なんにせよ、あとはキャンペーン最終日のお情け100連で終わりそう。前回70連を当てて召喚石1個に終わっていますので、フェス外の100連には何も期待していません。

EXTREMEから出た

 ゼノ・コロゥ撃滅戦はEXTREMEから武器がドロップしてあっさり終わってしまいました。EXTREMEから出るのか・・・。2セット目を視野に入れてもう少し続けてみようかな。

大量のソウルシードを吐き出した
 ゴッドガード・ブローディアのアニマも揃い、ついにユグドラシル・マグナ召喚石の最終上限解放まで終えることができました。4つの召喚石を仕上げるのにソウルシードは3700個ほど減りました。マグナアニマが3個出ることがなければ4000個を超えていたかもしれません。とにかく厳しい道のりでした。

 問題は、戦うために必要なトレジャー、属性のクリスタルの入手性が悪いところ、そしてアニマの入手性もそこまで良くないところにあります。クリスタルは各属性のHLを10戦して1個手に入れば御の字。30連戦にわざわざ参加して2個で終わることもありました。最高で5個でした。

 こうして運良く手にしたクリスタルを使って上位HLと戦っても、アニマは3戦して1個落ちれば悪くないほうなのです。30連戦で5個前後だったことも一度や二度ではありません。アニマは貢献度に応じた青い宝箱からのドロップ率が高めなので、他の参加者があまりに強い人ばかりだと貢献度が稼げず、割を食ってしまいます。それが露骨にドロップ数に出てしまうのですね。

 私は、当初は急いで最終上限解放をするつもりはありませでした。しかしこのペースでアニマを集めていては1年かけても属性別に100個ずつ揃えるのは無理だろうと考え直し、積極的に動くことにして今に至ります。わすが10日でしたが、1年かけて貯めたソウルシードのほとんどを吐き出してしまいました。それくらい1戦1戦を積み重ねる必要がありました。マグナ武器のさらなる上限解放については諦めました。

 ちなみに、アニマ集めは青い宝箱頼みの面が大きいので、すでに大きく削れた状態の野良の一戦に飛び込んでもアニマドロップは期待薄。BPの無駄です。救援に入るなら青い宝箱が狙える、開始直後の一戦に絞ったほうが良いです。

 運営がこの一連の最終上限解放コンテンツをどの程度引っ張りたいのかはわかりませんが、現状あまりに手間が掛かり、最後までやり遂げられる人は一部にとどまるであろうことは容易に推測できます。おそらくですが、そう遠くない時期にクリスタルあるいはアニマのドロップ率は緩和されるでしょう。

 新マグナ武器は計9本手に入りました。しかし武器レベル120で習得するスキルがないと意味のないものばかり、しかも1セット揃ったものはなく、現時点で使い物になるものはありません。これらもほとんどが青い宝箱からのものでした。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.